複数チケットサービス検索用ライブラリを作って、はじめてのpackagist登録

どうもー!
5月なのに暑いですね、そして梅雨こないですねー
宮崎にも来る気配なしです。

 

今日も音楽フェスに行くのですが、
皆さん、チケットを取る際にどのチケット販売サービスを使っていますか?
どういう基準で選んでますか?
ポイントだったり会員ランクなどてしょうか。

 

入手困難なバンドなんかだと、
私の経験でよくあるのがA,Bというサービスではsold outにもかかわらず、
Cでは残りわずかで残っていたりするのです。
ありがたく即購入するんですが、
この事実に辿りつくまで、
サービスAで検索→sold outを確認
→サービスBで検索→sold outを確認
→サービスCで検索→残りわずかを確認
→嬉し恥ずかし焦る気持ちを抑える
→無事ゲット!!!(ゴール)

ゴールに行くまで3サイトも順番に回るのです。
順番や早さによっては、
先に早く見ておけば取れたかもしれないチケットを
失ってしまうのです。
そんな自分の経験から、複数サービス
(現在チケットぴあ、eplus、ローチケ)を
一括検索できるライブラリを作りました!
スクレイピングを使ってるので、
リニューアルとかされると困りますw

Github→kin29/ticket-hunter

 

Packagistにも登録済みですので、

$ composer require kin29/ticket-hunter

からも取得可能でございます。

 

今回、Packagistへの登録を初めてしました!

こちらを参考にさせてもらいました。

https://qiita.com/niikunihiro/items/fbd696e506e734782d8f

6. GithubのサービスフックにPackagistを登録する

は、自動になったのか勝手に登録された気がしました。

 

 

使い方は、簡単です!

  • 使いたい販売サービス名(TicketPia/Eplus/LawsonTicketのどれか、複数指定可)
  • キーワード(「雨のパレード」など)

を渡すだけです。

<?php

try {
  $ticketVendors = new Kin29\TicketHunter\TicketHunter(['TicketPia', 'Eplus', 'LawsonTicket'], '雨のパレード');
  $ticketVendors->echoJson($ticketVendors->getList());
} catch (\Exception $e) {
    die($e->getMessage());
}

出力結果はこんな感じです。

{
  "TicketPia": [
    {
      "title": "GRAPEVINE/雨のパレード〔愛知〕",
      "date_time": "2019/8/2(金)",
      "pref_id": "23",
      "pref_name": "愛知県",
      "stage": "名古屋クラブクアトロ",
      "sale_method": "先行抽選",
      "sale_status": "近日抽選受付2019/6/8(土) 10:00 ~ 2019/6/10(月) 18:00",
      "link": "http://ticket.pia.jp/pia/ticketInformation.do?eventCd=1922500&rlsCd=&lotRlsCd=27947"
    },
    ...
  ],
  "Eplus": [
    {...省略...},
  ],
  "LawsonTicket": [
    {...省略...},
  ]
}

販売前の場合、販売開始日を取得できるといいな
と今気づきました、issueに入れておこう!
日付のフォーマットも入れてないな、、、入れよう。
アウトプットしてると気づくことて多いですよね、大切。

 

このライブラリを作っていた矢先、先を越されたかのように、
Freaxがリリースれました、、便利ですね。

内容が被っていますが、ライブラリはなさそうなので作り続けました^^;

 

今後は、このライブラリを使ってAPIを作りたいなとおもっています。
BearSundayでまた作りたいなあと思っております。
さらに、検索フォームをSymfonyで作ろうかと思っています。

 

怠けないように宣言しておきます!

では、森道市場2019行ってきます!

 

 

php-cs-fixerとphp_codesnifferの違いって?

 

サボり気味でした。。。
五月病ですね、気引き締めます。
ネタもちょっと尽きてきた感ありますが、頑張ります!

 

コード整形系のツール

  • php-cs-fixer
  • php_codesniffer

って大変お世話になるんですが、
名前が似すぎて同じものだと思っていました。
なのでちょっと違いを調べてみました。

 

おまけで、

  • phpmd/phpmd
  • phpstan/phpstan-shim

についても、書きました!

 

php-cs-fixer

[friendsofphp/php-cs-fixer]

.php_cs/.php_cs.dist(ルール設定ファイル)に沿って、
PHPコードの修正を提示してくれたり、修正を実行してくれる。

 

(例)配列の書き方はshortに統一することを宣言

.php_cs.dist

...
'array_syntax' => ['syntax' => 'short'],
...

実行結果

// コード修正の提示
$ vendor/bin/php-cs-fixer fix -v --dry-run
Loaded config default from "/Users/XXXX/ticket-hunter-api/.php_cs.dist".
Using cache file ".php_cs.cache".
SSSSSSSFSSSSS
Legend: ?-unknown, I-invalid file syntax, file ignored, S-Skipped, .-no changes, F-fixed, E-error
1) src/test.php (array_syntax)

以下のように、書き直すことで S-Skipped となり解消されます。

-        $arrRet = array();
+        $arrRet = [];

 

 

ただし、実行結果の出力より対象ファイル名は分かりますが、
何行目かなどの詳細はわかりません。
そこで、修正の実行もしてもらう事もできます。「–dry-run」を外すだけです。

$ vendor/bin/php-cs-fixer fix -v --dry-run

 

 

さらに、.php_cs.distでルールを設定する際、
各ルールの具体例みたいなーって時は、以下コマンドで確認できます。

$ vendor/bin/php-cs-fixer describe [name]
$ vendor/bin/php-cs-fixer describe array_syntax
Description of array_syntax rule.
PHP arrays should be declared using the configured syntax.

Fixer is configurable using following option:
* syntax ('long', 'short'): whether to use the `long` or `short` array syntax; defaults to 'long'

Fixing examples:
 * Example #1. Fixing with the default configuration.
   ---------- begin diff ----------
   --- Original
   +++ New
   @@ -1,2 +1,2 @@
    <?php
   -[1,2];
   +array(1,2);

   ----------- end diff -----------

 * Example #2. Fixing with configuration: ['syntax' => 'short'].
   ---------- begin diff ----------
   --- Original
   +++ New
   @@ -1,2 +1,2 @@
    <?php
   -array(1,2);
   +[1,2];

   ----------- end diff -----------

 

 

 

php_codesniffer

[squizlabs/php_codesniffer]

phpcs(PHP Code Sniffer) …判定
phpcbf(PHP Code Beautifier and Fixer) …整形

既定のコーディング標準として用意されているもの(vendor/bin/phpcs -i)をベース
に判定/整形を行う。

phpcs.xml(設定ファイル)にexclude(除外)するものや追加ルールを記載し、カスタマイズすることが可能です。

 

//現在、デフォで適用されているコーディング規約の確認
$ vendor/bin/phpcs -i
The installed coding standards are PEAR, Zend, PSR2, MySource, Squiz, PSR1 and PSR12

 

例えば、既定のコーディング標準のままだとPEARはfunctionコメントが必須なので、
phpcs.xmlでexcludeする定義を書いたりしてカスタマイズすることができます。

phpcs.xml の例

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<ruleset name="PHP_CodeSniffer" xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance" xsi:noNamespaceSchemaLocation="./vendor/squizlabs/php_codesniffer/phpcs.xsd">
 <rule ref="Generic.CodeAnalysis.UnusedFunctionParameter"/>
 <rule ref="PEAR.Commenting.FunctionComment">
 <exclude name="PEAR.Commenting.FunctionComment.MissingReturn"/>
 <exclude name="PEAR.Commenting.FunctionComment.MissingParamComment"/>
 <exclude name="PEAR.Commenting.FunctionComment.SpacingBeforeTags"/>
 <exclude name="PEAR.Commenting.FunctionComment.MissingParamTag"/>
 <exclude name="PEAR.Commenting.FunctionComment.Missing"/>
 <exclude name="PEAR.Commenting.FunctionComment.ParameterCommentsNotAligned"/>
 </rule>
</ruleset>

 

実行方法

$ vendor/bin/phpcs [適用コーディング(--standard=PSR2とか)] [対象ファイル名]
$ vendor/bin/phpcbf [適用コーディング(--standard=PSR2とか)] [対象ファイル名]

 

phpcs.xmlに沿って、src/以下を判定してもらう。

$ vendor/bin/phpcs --standard=phpcs.xml src

FILE: /Users/XXXX/YYY/src/test.php
----------------------------------------------------------------------
FOUND 0 ERRORS AND 2 WARNINGS AFFECTING 1 LINE
----------------------------------------------------------------------
 9 | WARNING | The method parameter $arrString is never used
 9 | WARNING | The method parameter $arrRet is never used
----------------------------------------------------------------------

Time: 57ms; Memory: 6MB

使われていないメソッドの引数があるよーって教えてくれました。

 

phpcbfでフォーマットしてもらう例は以下です。

$ vendor/bin/phpcbf --standard=PEAR src

PHPCBF RESULT SUMMARY
-----------------------------------------------------------------------------
FILE                                                         FIXED  REMAINING
-----------------------------------------------------------------------------
/Users/XXXX/YYY/src/test1.php                                 7      10
/Users/XXXX/YYY/src/test2.php                                 2      5
/Users/XXXX/YYY/src/test3.php                                 2      8
-----------------------------------------------------------------------------
A TOTAL OF 11 ERRORS WERE FIXED IN 3 FILES
-----------------------------------------------------------------------------

 

 

ついでに、、、

phpmd

[phpmd/phpmd]

phpmd.xml(ルール設定ファイル)に沿って、
「ここに使われてない変数あるよ」や、
「コンストラクタ関数が__constractじゃなくてclassnameで宣言されてるやつはダメよ」とか、「ここキャメルケースになってないよ」とかの注意をしてくれる。
若干、phpcsなどとルール設定がかぶる可能性はありそうです。

 

phpmd.xml の例

...
 <!--naming-->
 <rule ref="rulesets/naming.xml/ConstantNamingConventions"/>
 
 <!--unusedcode-->
 <rule ref="rulesets/unusedcode.xml/UnusedFormalParameter"/>
 <rule ref="rulesets/unusedcode.xml/UnusedLocalVariable"/>
 <rule ref="rulesets/unusedcode.xml/UnusedPrivateField"/>
 <rule ref="rulesets/unusedcode.xml/UnusedPrivateMethod"/>
 
 <!--controversial-->
 <rule ref="rulesets/controversial.xml/CamelCaseClassName"/>
 <rule ref="rulesets/controversial.xml/CamelCasePropertyName"/>
 <rule ref="rulesets/controversial.xml/CamelCaseMethodName"/>
...

 

実行方法

$ phpmd [file_path] [結果出力フォーマット(text/xml)] [ルール設定ファイル]
$ vendor/bin/phpmd src/TicketHunter.php text phpmd.xml

./Users/XXX/YYY/src/test.php:9 Avoid unused parameters such as '$arrString'
./Users/XXX/YYY/src/test.php:9 Avoid unused parameters such as '$arrRet'

 

 

phpstan

phpstan/phpstan-shim

静的解析ツールで、
– 構文エラーはないか?
– 関数に渡すパラメータの数が適切か?
– 未定義のものにアクセスしようとしていないか?
– 関数に渡す値が関数のパラメータの型宣言と一致するか?
– PHPDocの内容と関数の戻り値は同じか?
などをチェックしてくれます。

除外したいルールがあればphpstan.neonで設定のカスタマイズできるようです。

$ vendor/bin/phpstan analyse -l [レベル] [ファイルパス] -c phpstan.neon

レベルは0~7,maxがあり、レベルが高くなるにつれて厳しくチェックしてくれるとのことです。
またオプションで「–no-progress」を付与すると、進捗を表すバーを非表示にしてくれます。
その他詳細は $ vendor/bin/phpstan analyse -h で確認ができます。

 

$ vendor/bin/phpstan analyse -l max src tests -c phpstan.neon --no-progress
 ------ ----------------------------------
  Line   src/test1.php
 ------ ----------------------------------
  11     Undefined variable: $arrString
 ------ ----------------------------------


 [ERROR] Found 1 errors

参考:https://qiita.com/qiita_masaharu/items/24bf34579119628eefe2

 

 

 

まとめ

各ツールでルール設定が異なっている場合、
(変数名をphpcsではキャメルケース、phpmdではスネークケースを許容している等)
phpcsでは判定が通るけど、phpmdでは判定が通らない
ということが起きかねないなと感じました。
なので、ガチガチにルールを決めちゃうのも
手間がかかるし結構大変だなと思いました。

私はこちらをよく使わせてもらってます。
[Koriym.PhpSkeleton]

 

 

PHP7.3からbreakの代わりにcontinueを使うとWarningになる。

最近PHP7.3にしました!
すると、以下のエラーで大好きなcomposerが使えなくなりました。

 "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"?  

Google翻訳さんを使って、
「continue」ターゲティングスイッチは「break」と同じです。 “continue 2″を使用するつもりでしたか?
的なことをいってるみたいだなとわかりました。

 

( 解決策はQiitaに書いてます! )

composer installができなくなった時の解決法(PHP7.3)

 

 

そこでまず、
▶︎PHP7.3から、continueをbreakの代わりに使うと、Warningになる?
▶︎continue 2とは?使ったことない!
と私は直感で思いました。

 

 

よくわからなかったので、

とりあえず、やってみます。

参考:https://blog.ohgaki.net/php-7-3#continue

$ php -v
PHP 7.3.1 (cli) (built: Jan 10 2019 13:15:37) ( NTS )
Copyright (c) 1997-2018 The PHP Group
Zend Engine v3.3.1, Copyright (c) 1998-2018 Zend Technologies
    with Zend OPcache v7.3.1, Copyright (c) 1999-2018, by Zend Technologies

 

test_continue.php

<?php
//$month = 1;を想定

for ($day = 1; $day <= 31; $day++) {

    $message = "{$day}日は、";
    switch ($day) {
        case 1:
            $message .= "月初\n";
            continue;  //break;と同じらしい
        case 15:
            $message .= "月のど真ん中\n";
            continue;
        case 31:
            $message .= "月末\n";
            continue;
        default:
            $message .= "なんともいえない日\n";
            continue;
    }

    echo $message;
}

 

いざ、実行!

$ php test_continue.php 
PHP Warning:  "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /Users/kin29/php7_3/test_continue.php on line 11
...
/Users/kin29/php7_3/test_continue.php on line 14
...
/Users/kin29/php7_3/test_continue.php on line 17
...
/Users/kin29/php7_3/test_continue.php on line 20
1日は、月初
2日は、なんともいえない日
...
15日は、月のど真ん中
16日は、なんともいえない日
...
31日は、月末

やはり、warningでてますねえ。
おっしゃる通りにcontinue→breakにしてみる。

test_break.php

<?php

//$month = 1;を想定

for ($day = 1; $day <= 31; $day++) {

    $message = "{$day}日は、";
    switch ($day) {
        case 1:
            $message .= "月初\n";
            break;  //continue;と同じ動作をするはず
        case 15:
            $message .= "月のど真ん中\n";
            break;
        case 31:
            $message .= "月末\n";
            break;
        default:
            $message .= "なんともいえない日\n";
            break;
    }

    echo $message;
}

breakで実行すると、
warningも出ず、continueの時と同じ挙動のようです!!!

$ php test_break.php 
1日は、月初
2日は、なんともいえない日
...
15日は、月のど真ん中
16日は、なんともいえない日
...
31日は、月末

そもそも、switchには普段からbreak使ってます。
なんとなくcontinueを使わず、break使ってましたが、それが正しいようです。

ではcontinueの使い時は?continue 2とは?
の確信につきたいと思います。

 

test_continue_2.php

<?php 

//$month = 1;を想定

for ($day = 1; $day <= 31; $day++) {

    $message = "{$day}日は、";
    switch ($day) {
        case 1:
            $message .= "月初\n";
            break;
        case 15:
            $message .= "月のど真ん中\n";
            break;
        case 31:
            $message .= "月末\n";
            break;
        default:
            $message .= "なんともいえない日\n";
            continue 2; //抜けるループのレベル指定
    }

    echo $message;
}

 

さっそく実行!

$ php test_continue_2.php 
1日は、月初
15日は、月のど真ん中
31日は、月末

continueに引数を使うと、抜けるループレベルが指定できるようです。
今回の例でいくと、breakやcontinue(引数なし)ではswitch文しか抜けません。
ただし、continue 2(引数あり)とするとfor文からも抜けだすことができます。

 

まとめ

breakとcontinue(引数なし)は同じ意味なのに、別で存在しているので統一させたい。
あんど、continueは引数ありで使うべきと言いたいんでしょうか。
(そう私は解釈しました。)

stripe決済をフレームワーク使わずに組み込んでみる!(PHP)

こんにちは!
過去に簡単決済「stripe」を導入してみる。を紹介しました。
今更気づいたんですが、べつにLaravel使う必要なかったなって(笑)
ただ、使いたかったんだと思います!ww

そこで!
PHPのフレームワークを使わないパターンで
もっとシンプルに組み込みたいと思います。

完成は、こちらです。
[ kin29/stripe_practice_php ]
↑だと、.envの設定だけで
ビルドインサーバ立てたら、もうできちゃいます。

 

さあ、つくろう。

リファレンス

stripe API
Card Payments Quickstart
ほぼ、↑のクイックスタートをやってます。

環境

– Mac
– PHP7.2.7

準備

stripeアカウント発行、テスト環境申請(申請後すぐできました)
↑これだけ!

手順

1.プロジェクト(作業ディレクトリ)の作成

~$ mkdir stripe_practice_php/

 

2.stripe/stripe-phpの導入 ←composer経由

$ cd stripe_practice_php/
$ composer require stripe/stripe-php
You are running composer with xdebug enabled. This has a major impact on runtime performance. See https://getcomposer.org/xdebug
Using version ^6.20 for stripe/stripe-php
./composer.json has been created
Loading composer repositories with package information
Updating dependencies (including require-dev)
  - Installing stripe/stripe-php (v6.20.0)
    Downloading: 100%
Writing lock file
Generating autoload files

$ ls
composer.json composer.lock vendor

 

3.カード情報入力フォームをつくる。

$ cd stripe_practice_php/
$ vi index.php
...
<div class="content">  
  <div class="title">stripe DE おかいもの</div>
  <div>¥100</div>
    <form action="./payment.php" method="POST">
    <script
       src="https://checkout.stripe.com/checkout.js"
       class="stripe-button"
       data-key="{pk_test_XXXXXXXXXXXXXXXXXXX}"
       data-amount="{商品の値段}"
       data-name="{カード入力モーダルのタイトル}"
       data-description="{カード入力モーダルのタイトル下の説明文}"
       data-image="https://stripe.com/img/documentation/checkout/marketplace.png"
       data-locale="auto"
       data-currency="jpy">
    </script>
  </form>
</div>
...

 

 

4.バックエンドをつくる。

$ cd stripe_practice_php/
$ vi payment.php
<?php
require __DIR__.'/vendor/autoload.php';

\Stripe\Stripe::setApiKey("{sk_test_XXXXXX}"); 

$token = $_POST['stripeToken']; //ここでAPIにリクエストしてる
   
$charge = \Stripe\Charge::create([
    'amount' => 100,
    'currency' => 'jpy',  //usd(ドル)→jpy(円)に変更しました。
    'description' => 'Example charge',
    'source' => $token,
]);
    
//thanks.phpにリダイレクトさせる。
header("Location: ./thanks.php");

 

5.サンクスページをつくる。

$ cd stripe_practice_php/
$ vi thanks.php
...

<div class="content">
   <div class="title">「stripe DE おかいもの」<br>ご利用TEGEありがとうございました。</div>
   <div>利用金額:¥100</div>
  </form>
</div>

...

 

6.完成! →実際に動かしてみる「http://localhost:8080/index.php

$ cd stripe_practice_php/
$ php -S localhost:8080   //ビルドインサーバを立てる

※テスト用のカード番号の参考はこちら
https://stripe.com/docs/testing#cards

 

7.管理画面をみてみる。 →実際にみせちゃう
https://dashboard.stripe.com/test/dashboard

 

‘currency’ => jpy

に変更することにより、
円請求ができますが、管理画面ではドルに換算されていました。

 

まとめ

・簡単!早い!わかりやすい!

・ドキュメントは英語ですが、読みやすく充実してます。

・リンク型なので、面倒なトークン化(カード情報非保持)対応の必要なし!

・次は、PHP以外の言語でもしてみたいです!

簡単決済「stripe」を導入してみる。

 

どうも、
先週、#JP_Stripes in 宮崎 キックオフに行ってきました!

Stripe自体は聞いたことはありましたが、
使い方やできることは全く知らなかったので、
事例など交え、とてもいい話を聞くことができました。

もくじ

stirpeのいいところ

– 初期費用不要
– 申請は契約書いらず、ペーパレス。申請〜導入までが速い!
– Apple Pay / Google Pay / 他通貨決済も導入可
– cloud (AWS) →Saasだから保守が楽
APIリファレンスがある!PHP,Ruby,Node,Go,Python対応
– クレジットカード情報「非保持化」及び「PCI DSS(準拠)」してる
↑リンク型みたいな感じの認識です。

申請は、ほぼどんなものでも通るものの、
途中で止められることもあるとのこと。
物として実在するか形に残るもののほうがいいらしいです。

stripeのいろんな機能

– sigma …sqlでデータの検索ができる
– rader …機械学習を使って怪しい人を見つけてくれる。自分でカスタムパターンもいれることができる。
– billing…定期購入に対応。

stripeの導入をやってみる!

参考:
Stripe API Reference

<導入環境>
– PHP 5.6.30
– Laravel 5.2

PHP5.6.4以上だったら、Laravel5.4いけたんですが、、、
ローカルを更新するの諦めました^^;

localは非sslでもおkです!
テスト環境のアカウントは申請直後にできました。

Githubにソース置いてます。
[ kin29/stripe_practice_laravel ]
↑ここには、ほぼcomposer installだけでできるもの置いてます。

以下では、
どうやって最初作ったか、忘れないように、
Laravel/stripeの構築の仕方memoっときます。

 

1.プロジェクト作成

$ composer create-project laravel/laravel stripe_practice_laravel --prefer-dist "5.2.*"

–prefer-distなので、指定なしのデフォルトのgit clone でなく
zipで取ってくる(git clone より高速です)

 

2.stripe/stripe-phpの導入

// $composer require [package name]:[version]
$ composer require stripe/stripe-php:^6.17

 

3.フロント系いらんので消しました。

(package.json/gulpfile.jsとか)

 

4.envの調整
DBとか使わないので、stripeのAPIキーを環境変数として追記のみ

.env

STRIPE_PUBLIC_KEY=test
STRIPE_SECRET_KEY=test

 

5.カード情報入力フォームをつくる。
resources/views/welcome.blade.phpにthanksへのformを追記
参考:Card Payments Quickstart

 

6.バックエンドをつくる
app/Http/route.phpに以下を追記

Route::post('/thanks', function () {

    \Stripe\Stripe::setApiKey(getenv('STRIPE_SECRET_KEY'));

    try {
        $charge = \Stripe\Charge::create(array(
            "amount" => 100,
            "currency" => "jpy",
            "source" => $_POST['stripeToken'],
            "description" => "100yen pay"
        ));
    } catch(\Stripe\Error\Card $e) {

    }

    return view('thanks');
});

 

7.動かしてみる。→エラー調整

この時点でだいたい動きましたが、POSTすると以下のエラーが出てきました。

 

TokenMismatchException in VerifyCsrfToken.php line 67:

app/Http/Middleware/VerifyCsrfToken.php

に以下を追記することで、
CSRF保護の対象外にすることができます。
ただし、クロス・サイト・リクエスト・フォージェリ(CSRF)保護の対象外となりますので、吟味することも大事だと思います!

    /**
     * The URIs that should be excluded from CSRF verification.
     *
     * @var array
     */
    protected $except = [
        'thanks' //追記
    ];

 

クロス・サイト・リクエスト・フォージェリ(CSRF)
… 脆弱性を利用して、悪意のある攻撃をすることだそうで、
信頼できるユーザーになり代わり、認められていないコマンドを実行するとのこと。

Laravelでは、セッションごとにCSRF「トークン」を自動的に生成していて、
リクエスト時に、このトークンを送信して、認証済みのユーザーかを確認するために利用しているとのこと。

なので、HTMLフォームを定義する場合はいつでも、隠しCSRFトークンフィールドをフォームに埋め込んで、
CSRF保護でのチェックできるようにしなければならないとのこと。

 

 

8.動かしてみる。(完成)
カード決済できたー!

Stripeの管理画面にも、疎通確認できました!

 

stripeとっても簡単!

ログもあるし、デバックしやすかったです!

composer の–prefer-distってよく使うけど何してる?

composer コマンドって実際何してるのかわからずやっちゃってます。
そろそろ向き合おうと思ってます。

参考:
http://blog.tojiru.net/article/440339824.html

 

例えば、これ!

$ composer create-project laravel/laravel app_dir

このコマンドなんしてるんだっけ?

git clone git@github.com:laravel/laravel.git
mv laravel app_dir//多分。
cd app_dir
composer install

 

 

では、–prefer-dist がつくとどうでしょうか
例えば、これ!

$ composer create-project laravel/laravel app_dir --prefer-dist

調べてみると、
–prefer-dist の他に –prefer-source というオプションもあります。

–prefer-source
… git cloneでソースを落としてくる。
デフォルト(指定なしではこっちしてる)
つまり、最初のコマンドはこっちなんです!

–prefer-dist
.. zipでダウンロードする。こっちのほうが高速!

 

なので、

$ composer create-project laravel/laravel app_dir --prefer-dist

上記コマンドは、以下をしているご様子。

wget https://github.com/laravel/laravel/archive/master.zip
unzip laravel
mv laravel app_dir //多分。
cd app_dir
composer install

composerのコマンドってもっとオプションがあるので、
随時ちゃんと解明しようと思います。