dyld: Library not loaded: /usr/local/opt/icu4c/lib/libicudata.67.dylibのエラーでPHP7.4が突然使えなくなった話

ある日、突然MacでPHP7.4.9が使えなくなりました😭😭😭
結構ハマりましたが、お戻りになってきてくれました🙌

結論

icu4cが69.1にあがってしまっていた。
→ brewで67.1を入れ直して、シンボリックリンクを貼ればok

エラー内容

$ php --version
dyld: Library not loaded: /usr/local/opt/icu4c/lib/libicudata.67.dylib
Referenced from: /Users/user_xxx/.phpenv/versions/7.4.9/bin/php
Reason: image not found
Abort trap: 6

とりあえず/usr/local/opt/icu4c/lib/libicudata.67.dylibが本当にないのか、
/usr/local/opt/icu4c/lib/以下を確認。
→現在のシンボリックが69.1しかないので、67のシンボリックリンクを作りたい。。。🤤

$ ll /usr/local/opt/icu4c/lib/
total 137024
drwxr-xr-x 28 user_xxx staff 896 4 8 09:10 .
drwxr-xr-x 12 user_xxx staff 384 5 27 17:27 ..
drwxr-xr-x 6 user_xxx staff 192 4 8 09:10 icu
-r--r--r-- 1 user_xxx staff 28672096 5 27 16:15 libicudata.69.1.dylib
lrwxr-xr-x 1 user_xxx staff 21 4 8 09:10 libicudata.69.dylib -> libicudata.69.1.dylib
-r--r--r-- 1 user_xxx staff 28665232 4 8 09:10 libicudata.a
lrwxr-xr-x 1 user_xxx staff 21 4 8 09:10 libicudata.dylib -> libicudata.69.1.dylib
-rw-r--r-- 1 user_xxx staff 2726984 5 27 16:15 libicui18n.69.1.dylib
lrwxr-xr-x 1 user_xxx staff 21 4 8 09:10 libicui18n.69.dylib -> libicui18n.69.1.dylib
...

1.brewでicu4cの67をいれる。

brew tap-newとかbrew extractを使うやり方をしらなくてハマりました。

$ brew tap-new kin29/taps #「kin29」の部分はなんでもokです
Initialized empty Git repository in /usr/local/Homebrew/Library/Taps/kin29/homebrew-taps/.git/
[main (root-commit) 58a4f09] Create kin29/taps tap
3 files changed, 88 insertions(+)
create mode 100644 .github/workflows/publish.yml
create mode 100644 .github/workflows/tests.yml
create mode 100644 README.md
==> Created kin29/taps
/usr/local/Homebrew/Library/Taps/kin29/homebrew-taps

When a pull request making changes to a formula (or formulae) becomes green
(all checks passed), then you can publish the built bottles.
To do so, label your PR as `pr-pull` and the workflow will be triggered.
$ brew extract icu4c kin29/taps --version 67
==> Searching repository history
==> Writing formula for icu4c from revision e2c833d to:
/usr/local/Homebrew/Library/Taps/kin29/homebrew-taps/Formula/icu4c@67.rb
$ brew install kin29/taps/icu4c@67
==> Installing icu4c@67 from kin29/taps
==> Downloading https://github.com/unicode-org/icu/commit/715d254a02b0b22681cb6f861b0921ae668fa7d6.patch?full_index=1
Already downloaded: /Users/user_xxx/Library/Caches/Homebrew/downloads/0dd175e315a7eee5f9fb42af4e03d2130e3a3aa130db4d2b32a58b1c88d87251--715d254a02b0b22681cb6f861b0921ae668fa7d6.patch
==> Downloading https://github.com/unicode-org/icu/releases/download/release-67-1/icu4c-67_1-src.tgz
Already downloaded: /Users/user_xxx/Library/Caches/Homebrew/downloads/5652b331b5400231692d0879d41522870a20598d8771342b622d543c2ed99ca0--icu4c-67_1-src.tgz
==> Patching
==> Applying 715d254a02b0b22681cb6f861b0921ae668fa7d6.patch
patching file source/common/uassert.h
==> ./configure --prefix=/usr/local/Cellar/icu4c@67/67.1 --disable-samples --disable-tests --enable-static --with-library-bits=64
==> make
==> make install
==> Caveats
icu4c@67 is keg-only, which means it was not symlinked into /usr/local,
because macOS provides libicucore.dylib (but nothing else).

If you need to have icu4c@67 first in your PATH, run:
echo 'export PATH="/usr/local/opt/icu4c@67/bin:$PATH"' >> /Users/user_xxx/.bash_profile
echo 'export PATH="/usr/local/opt/icu4c@67/sbin:$PATH"' >> /Users/user_xxx/.bash_profile

For compilers to find icu4c@67 you may need to set:
export LDFLAGS="-L/usr/local/opt/icu4c@67/lib"
export CPPFLAGS="-I/usr/local/opt/icu4c@67/include"

For pkg-config to find icu4c@67 you may need to set:
export PKG_CONFIG_PATH="/usr/local/opt/icu4c@67/lib/pkgconfig"

==> Summary
🍺 /usr/local/Cellar/icu4c@67/67.1: 258 files, 71.8MB, built in 4 minutes 47 seconds

icu4c@67がインストールされたことを確認!

$ ll /usr/local/Cellar/ | grep icu
drwxr-xr-x 4 user_xxx staff 128 5 27 16:15 icu4c
drwxr-xr-x 3 user_xxx admin 96 5 29 18:04 icu4c@67
$ ll /usr/local/opt/ | grep icu4c
lrwxr-xr-x 1 user_xxx admin 20 5 27 16:15 icu4c -> ../Cellar/icu4c/69.1
lrwxr-xr-x 1 user_xxx admin 23 5 29 18:09 icu4c@67 -> ../Cellar/icu4c@67/67.1 #今回追加分

2.シンボリックリンクを貼る⚠️

ln -s [パス] [リンク名]です。私はパスとリンク名の指定が逆と勘違いしていて、ハマりました💦
(間違えたらunlink [リンク名]で削除できます。)

$ cd /usr/local/opt/icu4c/lib/
$ ln -s ../../../icu4c@67.1/67.1/lib/libicuio.67.1.dylib libicuio.67.dylib
$ ln -s ../../../icu4c@67.1/67.1/lib/libicui18n.67.1.dylib libicui18n.67.dylib
$ ln -s ../../../icu4c@67.1/67.1/lib/libicuuc.67.1.dylib libicuuc.67.dylib
$ ln -s ../../../icu4c@67.1/67.1/lib/libicudata.67.1.dylib libicudata.67.dylib
$ ln -s ../../../icu4c@67.1/67.1/lib/libicutest.67.1.dylib libicutest.67.dylib
$ ln -s ../../../icu4c@67/67.1/lib/libicutu.67.1.dylib libicutu.67.dylib

シンボリックリンクが貼れていることを確認します。

$ ll /usr/local/opt/icu4c/lib/ | grep 67.dy
lrwxr-xr-x 1 user_xxx staff 50 5 29 22:11 libicudata.67.dylib -> ../../../icu4c@67.1/67.1/lib/libicudata.67.1.dylib
lrwxr-xr-x 1 user_xxx staff 50 5 29 22:09 libicui18n.67.dylib -> ../../../icu4c@67.1/67.1/lib/libicui18n.67.1.dylib
lrwxr-xr-x 1 user_xxx staff 48 5 29 22:08 libicuio.67.dylib -> ../../../icu4c@67.1/67.1/lib/libicuio.67.1.dylib
lrwxr-xr-x 1 user_xxx staff 50 5 29 22:09 libicutest.67.dylib -> ../../../icu4c@67.1/67.1/lib/libicutest.67.1.dylib
lrwxr-xr-x 1 user_xxx staff 46 5 29 22:09 libicutu.67.dylib -> ../../../icu4c@67/67.1/lib/libicutu.67.1.dylib
lrwxr-xr-x 1 user_xxx staff 48 5 29 22:09 libicuuc.67.dylib -> ../../../icu4c@67.1/67.1/lib/libicuuc.67.1.dylib

 

PHP7.4お戻りになってくれたー😭😭😭ありがとう🎊

php --version
PHP 7.4.9 (cli) (built: Dec 26 2020 23:21:06) ( NTS )
Copyright (c) The PHP Group
Zend Engine v3.4.0, Copyright (c) Zend Technologies
with Zend OPcache v7.4.9, Copyright (c), by Zend Technologies
with Xdebug v3.0.1, Copyright (c) 2002-2020, by Derick Rethans

 

助けてくれてありがとうございました🙇‍♂️
ref: https://www.tohuandkonsome.site/entry/2021/05/21/173612

PHPerKaigi2021に参加しました!

メモな感じですが投稿します!(iwillblogって書いちゃったので…)
はじめてのニコニコ動画使用でした(会員登録はいつのまにかしてた)

景品が豪華すぎて当たった方うらやましいです😭

\スタッフ、スピーカーのみなさま、ありがとうございました🙇‍♂️/

勉強させてもらったセッション一覧

他にも見たかったものやもう一回見たいセッションがいっぱいあるので、アーカイブ待ってます!

 

各セッションのメモ

テスト放送

[初心者向け] 一からフレームワークを作るところを見せる

  • リアルタイムでコードを書いているところが見れて良かった。
  • ディレクトリトラバーサル攻撃に気をつけよう。
  • フレームワーク作りたくなった、作ろう。(iwillframework)

Symfonyラウンドテーブル(よろず相談会)

  • symfony/pantherすごそう。GithubActionで動いたことが謎らしいが、なんで謎なのかさえも私はわかっていない。。。

PHPで学ぶ、セッションの基本と応用

  • Cookieの仕様(RCF6265)ちゃんと読もう

PHP8になった今の時代に、PHPの「エラー」「例外」そして「Error」をおさらいしておこう

  • 例外は独自に定義しよう。(無駄なサードパーティの露呈を防ぐためにも)

@call_user_func(関数ではない)の使いこなしテクと(ルーレッ…

  • このbotを使った遊び方を理解した
  • twitterの検索例「from:call_user_func url:gitee」
  • リポジトリのnamespace抑える為だけにリポジトリ作る人もいるらしい、ドメインみたいな感じ(?)私もしようかな。

そのコード、フレームワークの外でも動きますか?

  • LaravelSymfonyへの移行を見れたのが良かった
  • やっぱり例外は独自に定義しよう。(2回目)
  • LaravelのModelはSymfonyのEntity
  • Symfonyのお作法で404エラーはBadRequestHttpException
  • Vanilla PHPを書こう!
  • Symfony、Laravel、CakePHPどんなPHPフレームワークからも使えるPHPが最高🍺

なるせ先生のPHP学~PHP8新機能スペシャル~ (ちょっとだけ)

  • 移動中スマホからちょっと見れたが動画クオリティが凄かった。
  • しばらくコード書いておらず、初耳学ばかりで勉強になった。
  • ちゃんと全部見たい!!!

今こそ理解するDI(Dependency Injection)

  • そういえばDIってデザインパターンだったことを再認識した。
  • DIは保守性の高いコードを書く事を目的とした方法論
  • DIとDIコンテナは別物、 DIコンテナはDIパターンをサポートするライブラリ
  • DIとerviceLocatorの違いは私自身イマイチ理解できてない。

DNSを制するものはインターネットを制す! DNSの世界

  • DNS苦手意識があるけど、ドメインハイジャックでCoinCheckの事件とか色々あるので逃げずにNSchecker使ってみたいと思いました。
  • 子供Youtubeを8時以降禁止にするための方法はわたしも親になったのでいつか使えそうと感じた。

 

おまけ

ノベルティめっちゃ良かったです、ホットアイマスク最高でした😏

エコバック今日の買い出しにも使いました。

カレーは緊急用にとっておっきます〜

「fn」というワードはPHP7.4から予約語に!(→アロー関数)

 

「fn」というワードはPHP7.4から予約語になったというのを知るに至った経緯として、$ symfony serveでローカルサーバを立てて

$ symfony serve
                                                                                                                        
 [OK] Web server listening                                                                                              
      The Web server is using PHP FPM 7.3.11                                                                            
      https://127.0.0.1:8000                                         


[Web Server ] Jan 18 18:48:55 |INFO   | PHP    listening path="/usr/sbin/php-fpm" php="7.3.11" port=61746                                              

 

ブラウザで表示確認をすると、以下の500エラーがでました😱

(phpenvでいろんなPHPバージョンを使ってます。)

HTTP 500 Internal Server Error
syntax error, unexpected 'fn' (T_STRING), expecting :: (T_PAAMAYIM_NEKUDOTAYIM)
ParseError
in /Users/xxx/my-project/vendor/laminas/laminas-code/src/Generator/ClassGenerator.php (line 480)
470    /**
471     * @param string $implementedInterface
472     * @return bool
473     */
474    public function hasImplementedInterface($implementedInterface)
475    {
476        $interfaceType = TypeGenerator::fromTypeString($implementedInterface);
477
478        return (bool) array_filter(
479            array_map([TypeGenerator::class, 'fromTypeString'], $this->implementedInterfaces),
480            static fn (TypeGenerator $interface): bool => $interfaceType->equals($interface)
481        );
482    }

 

よーく確認してみると、
symfony php --versionphp --versionのバージョンが違う」
ことに気づきました💦

$ symfony php --version
PHP 7.3.11 (cli) (built: Jun  5 2020 23:50:40) ( NTS )
Copyright (c) 1997-2018 The PHP Group
Zend Engine v3.3.11, Copyright (c) 1998-2018 Zend Technologies

$ php --version
PHP 7.4.9 (cli) (built: Dec 26 2020 23:21:06) ( NTS )
Copyright (c) The PHP Group
Zend Engine v3.4.0, Copyright (c) Zend Technologies
    with Zend OPcache v7.4.9, Copyright (c), by Zend Technologies
    with Xdebug v3.0.1, Copyright (c) 2002-2020, by Derick Rethans

 

そこで、$ symfony serve でもPHP 7.4.9で動くように設定します。

参照:https://symfony.com/doc/current/setup/symfony_server.html#different-php-settings-per-project

$ cd my-project/

$ echo 7.4.9 > .php-version

$ symfony php --version # PHP 7.3.11 -> 7.4.9に変更完了
PHP 7.4.9 (cli) (built: Dec 26 2020 23:21:06) ( NTS )
Copyright (c) The PHP Group
Zend Engine v3.4.0, Copyright (c) Zend Technologies
    with Zend OPcache v7.4.9, Copyright (c), by Zend Technologies
    with Xdebug v3.0.1, Copyright (c) 2002-2020, by Derick Rethans


$ symfony serve # PHP 7.4.9でサーバ立てることに成功

                                                                                                                        
 [OK] Web server listening                                                                                              
      The Web server is using PHP FPM 7.4.9                                                                             
      https://127.0.0.1:8000                                                                                     

[Web Server ] Jan 18 18:50:59 |INFO   | PHP    listening path="/Users/xxx/.phpenv/versions/7.4.9/sbin/php-fpm" php="7.4.9" port=62271

お! PHP7.4.9でサーバ立てるようになったみたいです!
と同時にsyntax error, unexpected 'fn' (T_STRING), expecting :: (T_PAAMAYIM_NEKUDOTAYIM)のエラーもなくなりました🎉

めでたし、めでたし👏

 

syntax error, unexpected ‘fn’ (T_STRING), expecting :: (T_PAAMAYIM_NEKUDOTAYIM)の解明

参照:https://www.php.net/manual/ja/tokens.php

 

Google翻訳先生に訳してもらうと、

構文エラー、予期しない '楽しい'(t_string)、予期する::( t_pamaim_nikoodatim)

おそらく fn = 楽しい って訳してくれてます💦

ググっていくと、「fn」はPHP7.4から予約語になったらしいです!

というかアロー関数(無名関数)が使えるようになり、その予約語としてfnを使います。

(風の噂でアロー関数が使えるようになったというのは知っていたのですが書き方まで知らなかったです😅)

アロー関数は fn (argument_list) => expr という形で記述します。

よって、PHP 7.4まではアロー関数がなかったために以下の該当箇所を、「::」を使うスコープ定義演算子 (::)のことではないですか?と教えてくれたのかもしれません。

static fn (TypeGenerator $interface): bool => $interfaceType->equals($interface)

 

SpotifyAPIを使いプレイリストを簡単に作成してくれるツールDJ-Kin29リニューアルしました!

以前に作成した、アーティスト名を入力するだけでいい感じのSpotifyプレイリストを作成してくれるツールDJ-Kin29を改良しました!

是非、使ってみてください!!!
https://dj-kin29.herokuapp.com/

今回の改良にあたって、認可フローを見直しました。
前回の記事でまとめたので、よかったら参考にしてください。
SpotifyWebAPIの認可フローをまとめてみた

Githubも公開しまーす。
コントリビュート待ってます🍺
https://github.com/kin29/dj-kin29

Before

  • プレーンなPHP
  • Spotify認可のタイミングがフォームを入力後というおかしなタイミング
入力フォーム (index.php)
↓
↓ 作成 (旧:action先=create.php)
↓
(spotifyの認可画面)
redirect_uri: https://dj-kin29.herokuapp.com/create.php
→ 拒否されたら、 https://{redirect_uri}?error=access_denied
↓
↓ 許可されたら、
↓
プレイリスト作成成功
プレイリスト作成完了画面 (complete.php)
or
プレイリスト作成失敗
プレイリスト作成失敗画面 (failed.php)
↓
↓ more create / retry
↓
入力フォーム (index.php)に戻る

After

  • Symfony4を使用
  • Spotify認可のタイミングを、フォーム入力前にした。
1. / (クエリパラメータにcode=xxxを含まない)
- 「Authorization to Spotify」ボタンで、Spotifyとの連携(認可)をスタートする。(リンク先:/auth_spotify)
※ボタン押さずとも連携スタートさせたかったけど、spotify側の認可URLにリダイレクトさせてたらTwitterカードPreviewでエラーになったので、やめました😓

2. /auth_spotify
- Spotifyの認可がスタートする
  - 認可を許可したことがある場合:リダイレクトURL (/code=xxx)に遷移する。
  - 許可していない場合:Spotifyログイン画面 or 認可しますか画面に遷移する。
    - 認可の許可をした場合:/code=xxxにリダイレクトする。
    - 認可を拒否した場合:/error=xxx(エラーページ)にリダイレクトする。(→Re-Tryボタンで再チャレンジ可能)

3. /code=xxx
- フォーム画面。post先は、/create。

4. /create
- SpotifyWebAPIを使って、プレイリストを作成する。
  - 作成成功した場合;完了画面
  - 作成失敗した場合;失敗画面(→Re-Tryボタンで再チャレンジ可能)
- 「More create」ボタンでさらにプレイリスト作成可能(2に戻る)

さいごに

  • Tweetボタン設置しました^^
  • GAを充実させたくて、GTMと格闘しました。
  • 引き続きherokuを使っているので、初動に時間がかかります、、、🙇‍♂️
  • アーティスト名検索では、該当するアーティストの一番上だけを取得し、それに紐付く曲を取得するので、アーティスト名が被っていると期待したプレイリストができないことがあります、、、🙇‍♂️
    (日本のガールズバンドHumpBackのつもりで入力したところ、まだサブサクは解禁してないようで、違うバンドの曲が入っていました。)

 

SpotifyAPIでクイックプレイリスト作成ツールを作ってみた

 

お久しぶりです。長いことサボってました…😓
ちょっと怠けてる今日この頃です、、
残りの2019年気を引き締めて頑張ります🙌

 

サボってる間、何をしていたかというと、ただただライブに行きまくってました。
ライブのはしごとかもしちゃってました!疲れましたけど、幸せでした😇

行くライブは対バンが多かったので、ライブ前の予習にプレイリストを作ってました。(ライブ後に作ることもありますが)
わたしは横着なので、そのプレイリストを作ることさえ面倒でした。
そこで、アーティスト名を入力するだけで、Spotifyプレイリストを作成してくれるツールを作りましたー!✨

https://dj-kin29.herokuapp.com/

 

ぜひ対バンや小さめのフェス前に、全出演アーティストを入力してサクっとプレイリスト作って楽しんじゃってください✊!!

 

使い方

  1. https://dj-kin29.herokuapp.com/にアクセスし、各項目の入力をする。
    • アーティスト名 ( 必須 ) [5個まで入力可]
    • プレイリスト名 ( 任意 ) [default: dj-kin29-日時]
    • cookie使用の許可 ( 必須 )

  2. (初回のみ)Spotifyログインをし、アクセス許可を同意する。
  3. プレイリスト(非公開)が作成されます!!!
    リンクより、プレイリストに飛ぶことができます。

 

※ アーティスト名検索は、ヒットした一番上のものとするので意図しないアーティストでプレイリストが作成されることがありますので、ご注意ください ⚠️

 

余談ですが、ここで入力したアーティストは、今私がはまっているアーティストさん達です☺️
ぜひ聞いてみてください🎧⚡️

 

使ったもの

参考

 

SpotifyAPIの使い方や、実装内容はまた別記事で書きたいと思います!

 

Composerでrequireしたときのエラー解決法

 

どうも!名古屋生活満喫してます。
大須が好きで毎週行ってしまってます。
ただ、友達がいないので一人で大体いってますw
名古屋で遊んでくれる友達欲しい。。。

今回の記事は、
PHPerなら、とても助かっているであろうComposerについてです。
いろんなパッケージ使おうとrequireしてたら、なんか導入できない!
英語でわかわからんってなって諦めてました。
そろそろ次に進めなければと思い、私が問題解決を行った方法をまとめます。

 

composerコマンドだけで、できる方法はありそうなので見つけたら教えてください!
私も見つけたら書きます\(^^)/

 

Composerとは…

公式サイト:https://getcomposer.org/

PHPで何かを作るときに、
既存のライブラリやパッケージを導入/更新するときに使います。
そのとき、依存管理もしてくれるツールです。
JavaScriptでいうnpm的なやつだと思っています。

Composerの公式サイトに飛んだときに気づいたのですが、
ロゴのおじさん、いろんなカラーパターンがある!!!
リロードするたびに変化するのでぜひ遊んでみてください!

composer_uncle

(多分5パターン)

 

 

本題に入ります。

例えばこんな例

hautelook/alice-bundleをdev環境に導入する時….
下記のエラーで導入できなかった例です。

$ composer require hautelook/alice-bundle --dev
Using version ^2.5 for hautelook/alice-bundle
./composer.json has been updated
Loading composer repositories with package information
Updating dependencies (including require-dev)
Your requirements could not be resolved to an installable set of packages.

  Problem 1
    - Installation request for hautelook/alice-bundle ^2.5 -> satisfiable by hautelook/alice-bundle[2.5.0].
    - hautelook/alice-bundle 2.5.0 requires doctrine/orm ^2.5.11 -> satisfiable by doctrine/orm[2.5.x-dev, 2.6.x-dev, 2.7.x-dev, v2.5.11, v2.5.12, v2.5.13, v2.5.14, v2.6.0, v2.6.1, v2.6.2, v2.6.3] but these conflict with your requirements or minimum-stability.


Installation failed, reverting ./composer.json to its original content.

 

日本語でざっくり訳すと(わたしの解釈です)

hautelook/alice-bundleのv2.5.0(バージョン指定してないので最新版をインストールしようとします)は、
doctrine/ormのv2.5.0以上が必要です。

 

 

ということは、doctrine/ormが今v2.5.0以下なんです。
いざ、確認!!!

$ composer show doctrine/orm    //導入中のpackage(doctrine/orm)詳細を表示
name     : doctrine/orm
descrip. : Object-Relational-Mapper for PHP
keywords : database, orm
versions : * v2.4.7
...

 

エラー警告通りで、doctrine/ormのバージョンは、2.5.0以下の2.4.7でした。
ということで、現状のパッケージ群のままでhautelook/alice-bundleを導入する想定で問題解決していきたいと思います。

そんなとき使うのが、「packagist 」です!
packagistでは、composerで導入できるパッケージ群が管理されていて検索ができてバージョンごとの詳細も確認できます。

そこで導入したいパッケージ(hautelook/alice-bundle)を検索して、左側のバージョン選択欄からバージョンを下げながら見ていって、
導入ができない原因のパッケージ(doctrine/orm)のバージョン(現在v2.4.7)が通る導入したいパッケージ(hautelook/alice-bundle)のバージョンを見つけます。

\日本語下手でごめんなさい…/

packagist検索結果

 

この方法により
hautelook/alice-bundlev1.4.1であれば、
doctrine/orm: ^2.4doctrine/ormv2.4以上なので
導入できることがわかりました!

 

したがって、hautelook/alice-bundleを最新版ではなくv1.4.1をバージョン指定で導入してみます。

$ composer require hautelook/alice-bundle:1.4.1 --dev
./composer.json has been updated
Loading composer repositories with package information
Updating dependencies (including require-dev)
Package operations: 3 installs, 0 updates, 0 removals
  - Installing fzaninotto/faker (v1.8.0): Downloading (70%)
  ....

いけましたー!!!

$ composer show hautelook/alice-bundle
name     : hautelook/alice-bundle
descrip. : Symfony2 Bundle to manage fixtures with Alice and Faker.
keywords : Fixture, alice, faker, orm, symfony
versions : * v1.4.1
...

 

便利なComposerコマンド一覧

参考:https://qiita.com/KEINOS/items/86a16b06af6e936a1841

インストール済みのパッケージ情報の一覧を取得

$  composer show -i
You are using the deprecated option "installed". Only installed packages are shown by default now. The --all option can be used to show all packages.
...
phpunit/phpunit                    7.5.12   The PHP Unit Testing framework.

 

パッケージ名指定もできます。

$ composer show [vendor]/[package]
$ composer show phpunit/phpunit
name     : phpunit/phpunit
descrip. : The PHP Unit Testing framework.
keywords : phpunit, testing, xunit
versions : * 7.5.12
type     : library
license  : BSD 3-Clause "New" or "Revised" License (BSD-3-Clause) (OSI approved) https://spdx.org/licenses/BSD-3-Clause.html#licenseText
source   : [git] https://github.com/sebastianbergmann/phpunit.git 9ba59817745b0fe0c1a5a3032dfd4a6d2994ad1c
dist     : [zip] https://api.github.com/repos/sebastianbergmann/phpunit/zipball/9ba59817745b0fe0c1a5a3032dfd4a6d2994ad1c 9ba59817745b0fe0c1a5a3032dfd4a6d2994ad1c
path     : /path/vendor/phpunit/phpunit
names    : phpunit/phpunit
...

 

まとめ

英語のエラーって怖いって思いがちですが、
問題解決方法だったりヒントを表示してくれるだけでほんと助かるなーって気持ちに改めてなりました。

 

 

phpenvでいろんなPHPバージョンを操る

 

どうも、PHP大好きなんでPHPの記事ばっかで、すみません。

PHPってバージョンごとに書き方違うし、
レガシーな業務ではPHP5系だけど、個人ではPHP7系使いたいってことがよくあります。
そんなとき、composerで管理しちゃえばいいんですが、phpenv使ってバージョン切り替えできるとpsyshでも試せるので良いです!
そこで、phpenvでのバージョン切り替え方法をいっつも忘れてしまうので備忘録として書きます。

phpenvとphp-buildの導入

以下の記事を参考に導入しました。
phpenvとは別に、php-buildが必要なのを知らず私は導入に手こずりました^^;
https://qiita.com/ispern/items/97e3e6d910eb98b5de75

PHPのバージョンを切り替える

今回はグローバルのPHPバージョンを切り替える方法を記載します。
ローカルの場合はglobalの部分をlocalに置換すれば大体行けると思います。(多分)

▼現在のバージョンを確認

$ php -v
PHP 7.1.30 (cli) (built: Jul  4 2019 21:55:42) ( NTS )
...

 

▼現在適用されているphp.ini(設定ファイル)の確認
現在、phpenvで7.1.30が適用されいることがわかります。

$ php --ini
Configuration File (php.ini) Path: /Users/use_name/.phpenv/versions/7.1.30/etc
Loaded Configuration File:         /Users/use_name/.phpenv/versions/7.1.30/etc/php.ini
Scan for additional .ini files in: 
...

 

▼phpenvでインストールされているバージョン一覧と適用中バージョンの確認
*がついているのが、現在適用中のバージョンになります。
7.1.30の他に7.2.20を導入しています。

$ phpenv versions
  system
* 7.1.30 (set by /Users/user_name/.phpenv/version)
  7.2.20

 

▼phpenvでインストール可能なバージョンリスト一覧を表示

$ phpenv install -l
Available versions:
  5.2.17
...
  7.3.6
  7.3.7
...

 

▼バージョンを指定して、インストールをする。
今回は新たに、v5.6.1を入れます。
!!!時間かかります!!!

$ phpenv install 5.6.40
[Info]: Loaded extension plugin
[Info]: Loaded apc Plugin.
[Info]: Loaded composer Plugin.
...

 

インストールし終わったら、、、
▼インストール済みの一覧にあるか確認します。
5.6.1が新しく追加されています。

$ phpenv versions
  system
  5.6.1
* 7.1.30 (set by /Users/user_name/.phpenv/version)
  7.2.20

 

▼hashの更新をします。
!!!rehash忘れがちなので、忘れずに!!!

$ phpenv rehash

 

▼グローバルのPHPバージョンを切り替えます。

$ phpenv global 5.6.1

 

▼現在のバージョンを確認します。
見事に5.6.1に切り替えれています\(^^)/

$ phpenv versions
  system
* 5.6.1 (set by /Users/user_name/.phpenv/version)
  7.1.30
  7.2.20
$ php -v
PHP 5.6.1 (cli) (built: Jul 14 2019 18:29:23)
...

参考:https://www.aiship.jp/knowhow/archives/25452

まとめ

phpenvってpyenvって打ち間違えますよね!!!?
わたしだけですか?
(多分、みんなそうなはず)

 

これほしい!

DateTime::modifyに気をつける

 

どうも!実は、
この一ヶ月有給消化と言う名の
ニートしてまして、
明日から社会人に戻ります。。。
遅刻しないかとかすっごい心配です^^
新しい環境にdkwk(ドキドキワクワク)してます!

ちょっと遅刻に絡めて、
DateTime::modify
を使用する上で、気をつけるべきところを
備忘録として書いておきます。

 

※知ってる人は知ってるであろうことですし、
まあ、そりゃそうでしょって思う方もいると思います。

DateTime::modifyは使うたびに、
タイムスタンプを変更しています。
なので、何度も何度も使用すると予期せぬことに…

参考:https://www.php.net/manual/ja/datetime.modify.php

 

test.php

<?php

$d = new DateTime();
echo "{$d->format('Y-m-d')} \n";
// 本日、2019-06-30が起点になる

echo "{$d->modify('+1 days')->format('Y-m-d')} \n";
// 予想: 2019-06-30の1日後の「2019-07-01」

echo "{$d->modify('+1 month')->format('Y-m-d')} \n";
//予想: 2019-06-30の1ヶ月後の「2019-07-30」
$ php test.php
2019-06-30
2019-07-01
2019-08-01  //実は、2019-07-01の1ヶ月後になる!

$d->modify(‘+1 month’)の前に、
$d->modify(‘+1 days’)を実行しているために
このような結果になっています。

 

 

予想通りにしたいときは、
newし直したり、cloneしなおすといい感じになります。

<?php

$d = new DateTime();
echo "{$d->format('Y-m-d')} \n";
// 本日、2019-06-30が起点になる

echo "{$d->modify('+1 days')->format('Y-m-d')} \n";
// 予想: 2019-06-30の1日後の「2019-07-01」

/* ここから変更 */
$d_1 = new DateTime(); //newし直す
echo "{$d_1->modify('+1 month')->format('Y-m-d')} \n";
//予想: 2019-06-30の1ヶ月後の「2019-07-30」
$ php test.php
2019-06-30
2019-07-01
2019-07-30  //2019-06-30の1ヶ月後になる!(予想通り)

 

 

date_modify — DateTime::modify() のエイリアス

っていうのは、知らなかったです・・・。
時間を操るって癖があって難しいですねー
っていうことで、明日から遅刻しないように頑張ります!!!

 

Herokuのアドオン「Heroku Postgres」を使ってみる

 

どうも!
大好きな宮崎を旅立ちまして、名古屋市民になりました。
4日間荷物が来なかったので、
床に毛布一枚でねるという生活で腰が痛かったです。
荷物がきた時は嬉しくて、
4時間以内にすべてダンボールを開封し部屋完成させました。

Heroku好きなんですが、DB使えるの知らなかったです。
!! アドオンでPostgreSQLを使えるのです !!(無料枠あり)

使い方

1.Heroku Postgresの導入・データベースの作成

– コマンドより

$ cd [APP_NAME]
$ heroku addons:create heroku-postgresql:hobby-dev
Creating heroku-postgresql:hobby-dev on ⬢ [APP_NAME]... ⣾
Creating heroku-postgresql:hobby-dev on ⬢ [APP_NAME]... free
Database has been created and is available
 ! This database is empty. If upgrading, you can transfer
 ! data from another database with pg:copy
Created [DATABASE_NAME] as HEROKU_POSTGRESQL_GRAY_URL
Use heroku addons:docs heroku-postgresql to view documentation

データベースが作成されます。
[DATABASE_NAME]の部分に具体的なデータベース名が入ります。

$ heroku pg:info
(node:6031) [DEP0066] ...
=== DATABASE_URL
Plan:                  Hobby-dev
Status:                Available
Connections:           0/20
PG Version:            11.3
Created:               2019-06-19 01:54 UTC
Data Size:             8.1 MB
Tables:                3
Rows:                  1/10000 (In compliance)
Fork/Follow:           Unsupported
Rollback:              Unsupported
Continuous Protection: Off
Add-on:                [DATABASE_NAME]

 

– Herokuダッシュボードより
Herokuダッシュボード > Heroku Postgresを導入したいAPPを選択後、
Resorce  > Add-ons に遷移する。
「Heroku Postgres」を検索し、プランを選んでをProvisionする
今回はフリープランの、「Hobby Dev – Free」を選びました。

データベースが作成されます。
[DATABASE_NAME]の部分に具体的なデータベース名が入ります。

 

2.データベース操作

– コマンドより
※ローカルPCより、HerokuPostgresに接続して直接SQL操作をしたい場合、
ローカルPCにpsqlコマンドが導入されていないとできませんので以下を参考に導入してください。
参考:https://qiita.com/ucan-lab/items/fb74af3d78e71407db7b

$ heroku pg:psql [DATABASE_NAME]  //データベースに接続
(node:6110) [DEP0066] DeprecationWarning: OutgoingMessage.prototype._headers is deprecated
--> Connecting to [DATABASE_NAME]
psql (11.3)
SSL connection (protocol: TLSv1.2, cipher: ECDHE-RSA-AES256-GCM-SHA384, bits: 256, compression: off)
Type "help" for help.



-- テーブル作成
[APP_NAME]::DATABASE_URL=> CREATE TABLE member_tb (id serial PRIMARY KEY,user_id TEXT NOT NULL,display_name TEXT NOT NULL);
CREATE TABLE

[APP_NAME]::DATABASE_URL=> SELECT * FROM member_tb;
 id | user_id | display_name
----+---------+--------------
(0 rows)



-- レコード挿入
[APP_NAME]::DATABASE_URL=> INSERT INTO member_tb(user_id, display_name) VALUES ('abc123', 'taro');
INSERT 0 1

[APP_NAME]::DATABASE_URL=> SELECT * FROM member_tb;
 id | user_id | display_name
----+---------+--------------
  1 | abc123  | taro
(1 row)

 

– Herokuダッシュボードより
Datestoresにてデータベースを選択後、
Dataclips > Create a new dataclip

ここでは、読み込み(SELECT)のみ実行可能。
書き込み(CREATE TABLEやINSERT)はできませんでした・・・。

 

 

3.アプリとデータベースの接続例

データベースが作成されると自動で、
Setting > Config Varsに「DATABASE_URL」が追加されます。
これをgetenvで使用します!
※データベースが複数存在する場合、「HEROKU_POSTGRESQL_GRAY_URL」「HEROKU_POSTGRESQL_MAROON_URL」のように追加されます。

PHP Data Objects (PDO) 拡張モジュールを使いました。

<?php

$url = parse_url(getenv('DATABASE_URL'));
$dsn = sprintf('pgsql:host=%s;dbname=%s', $url['host'], substr($url['path'], 1));
$pdo = new PDO($dsn, $url['user'], $url['pass']);


$stmt = $pdo->prepare("SELECT * FROM member_tb WHERE id = ?");
$stmt->execute([$id]);
$result = $stmt->fetch();

 

参考:

http://neos21.hatenablog.com/entry/2018/12/06/080000
https://qiita.com/ucan-lab/items/fb74af3d78e71407db7b

まとめ

無料枠あるのすごいありがたいです^^
これでいっぱいアプリ作れますね。
わたしはHerokuPostgresを使ってLINEBOT作成中です。
近々、BOTの記事投稿できるように頑張りまーす!

複数チケットサービス検索用ライブラリを作って、はじめてのpackagist登録

どうもー!
5月なのに暑いですね、そして梅雨こないですねー
宮崎にも来る気配なしです。

 

今日も音楽フェスに行くのですが、
皆さん、チケットを取る際にどのチケット販売サービスを使っていますか?
どういう基準で選んでますか?
ポイントだったり会員ランクなどてしょうか。

 

入手困難なバンドなんかだと、
私の経験でよくあるのがA,Bというサービスではsold outにもかかわらず、
Cでは残りわずかで残っていたりするのです。
ありがたく即購入するんですが、
この事実に辿りつくまで、
サービスAで検索→sold outを確認
→サービスBで検索→sold outを確認
→サービスCで検索→残りわずかを確認
→嬉し恥ずかし焦る気持ちを抑える
→無事ゲット!!!(ゴール)

ゴールに行くまで3サイトも順番に回るのです。
順番や早さによっては、
先に早く見ておけば取れたかもしれないチケットを
失ってしまうのです。
そんな自分の経験から、複数サービス
(現在チケットぴあ、eplus、ローチケ)を
一括検索できるライブラリを作りました!
スクレイピングを使ってるので、
リニューアルとかされると困りますw

Github→kin29/ticket-hunter

 

Packagistにも登録済みですので、

$ composer require kin29/ticket-hunter

からも取得可能でございます。

 

今回、Packagistへの登録を初めてしました!

こちらを参考にさせてもらいました。

https://qiita.com/niikunihiro/items/fbd696e506e734782d8f

6. GithubのサービスフックにPackagistを登録する

は、自動になったのか勝手に登録された気がしました。

 

 

使い方は、簡単です!

  • 使いたい販売サービス名(TicketPia/Eplus/LawsonTicketのどれか、複数指定可)
  • キーワード(「雨のパレード」など)

を渡すだけです。

<?php

try {
  $ticketVendors = new Kin29\TicketHunter\TicketHunter(['TicketPia', 'Eplus', 'LawsonTicket'], '雨のパレード');
  $ticketVendors->echoJson($ticketVendors->getList());
} catch (\Exception $e) {
    die($e->getMessage());
}

出力結果はこんな感じです。

{
  "TicketPia": [
    {
      "title": "GRAPEVINE/雨のパレード〔愛知〕",
      "date_time": "2019/8/2(金)",
      "pref_id": "23",
      "pref_name": "愛知県",
      "stage": "名古屋クラブクアトロ",
      "sale_method": "先行抽選",
      "sale_status": "近日抽選受付2019/6/8(土) 10:00 ~ 2019/6/10(月) 18:00",
      "link": "http://ticket.pia.jp/pia/ticketInformation.do?eventCd=1922500&rlsCd=&lotRlsCd=27947"
    },
    ...
  ],
  "Eplus": [
    {...省略...},
  ],
  "LawsonTicket": [
    {...省略...},
  ]
}

販売前の場合、販売開始日を取得できるといいな
と今気づきました、issueに入れておこう!
日付のフォーマットも入れてないな、、、入れよう。
アウトプットしてると気づくことて多いですよね、大切。

 

このライブラリを作っていた矢先、先を越されたかのように、
Freaxがリリースれました、、便利ですね。

内容が被っていますが、ライブラリはなさそうなので作り続けました^^;

 

今後は、このライブラリを使ってAPIを作りたいなとおもっています。
BearSundayでまた作りたいなあと思っております。
さらに、検索フォームをSymfonyで作ろうかと思っています。

 

怠けないように宣言しておきます!

では、森道市場2019行ってきます!