ペチコン2022の参加メモ

 

1日目はオンラン参加で、2日目は現地参加予定しました!

モチベ上がりました!!!開催ありがとうございました🙇
現地でいろんな人に会えて楽しかったです✌️
来年は子供と行くか、それともビール飲みたいから泊まるかしたいなと妄想しております。
帰りのグリーン車からこの記事かいてます(こだま早割でのぞみ指定席より安かった)

タイムテーブル

https://fortee.jp/phpcon-2022/timetable

メモ(箇条書き)

1日目

  • フィーチャートグルよく出てきた!
  • Symfony UX使ってみたい!グラフとかしてみようかな🤔
  • スキーマ駆動開発良さそう
  • 語彙力を増やしたり、良い命名のためにもフレームワーク読んだり使うことが大事

2日目

来年の自分へのメモ

  • 来年は2023/10/08(日)開催予定!
  • 大LT出たい。いつもみてて思う…
  • 京急蒲田は蒲田(JR)ではないよ、品川-京急蒲田は快特が良いよ(各停乗るな)
  • 品川で、出口(JR乗り換え)に行くな、普通の出口に行こう。
  • 泊まりができれば飲めるよ🍺
  • 子供入場できるよ👶
  • 早割こだまグリーン車良い🙆のぞみだと乗り換えの待ちがあるので20分しか変わらなかった。

 

おまけ

GASのテスト(Jest)を書く!!!

 

GASを書いていて、テストを書きたくなる時って結構ありませんか?
ただ、なかなか手をつけることができずにテストを書かずにおいてしまい罪悪感が積もりに積もったので、ついにテストを書きました 🎉🍾✨
そのことについてまとめます❕
(TypeScriptはまだまだ勉強中でエセなのでご了承ください🙇)

もくじ

 

準備🎒

npm install -D clasp @types/google-apps-script

$ npm install -D clasp @types/google-apps-script

tsconfig.jsonを追加

$ tsc -init
//tsconfig.json
{
  "compilerOptions": {
    "lib": ["esnext"],
    "experimentalDecorators": true
  }
}

npx clasp create --type standalone --rootDir src

$ npx clasp create --type standalone --rootDir src

// src/appsscript.json と .clasp.json が生成される

// src/appsscript.json
{
  "timeZone": "America/New_York",
  "dependencies": {
  },
  "exceptionLogging": "STACKDRIVER",
  "runtimeVersion": "V8"
}

// .clasp.json
{"scriptId":"xxx","rootDir":"src"}

テストコードはclasp pushする必要がないためsrc/以下にappsscript.jsonを生成しました。

//構成
.
├── README.md
├── node_modules/
│
├── src    ←clasp pushの対象ルートディレクトリ 
│   ├── _utils.ts
│   ├── appsscript.json
│   └── code.ts
│
├── tests ←テストコードのディレクトリ(clasp pushしない)
│   ├── _utils.test.ts
│   ├── date-mock.ts
│   └── gmail-message-mock.ts
│
├── jest.config.js
├── package.json
├── tsconfig.json
└── .clasp.json

npm install -D jest "@types/jest" ts-jest typescript

$ npm install -D jest "@types/jest" ts-jest typescript

jest.config.jsを追加

$ jest --init

参考: https://typescript-jp.gitbook.io/deep-dive/intro-1/jest#suteppu2jestwosuru

//jest.config.js
module.exports = {
  "roots": [
    "<rootDir>"
  ],
  "testMatch": [
    "**/__tests__/**/*.+(ts|tsx|js)",
    "**/?(*.)+(spec|test).+(ts|tsx|js)"
  ],
  "transform": {
    "^.+\\.(ts|tsx)$": "ts-jest"
  },
}

tsconfig.jsonにesModuleInterop=trueを追加

以下のwarningがでたため、言われるがままに”esModuleInterop”: trueを追加しました。

ts-jest[config] (WARN) message TS151001: If you have issues related to imports, you should consider setting `esModuleInterop` to `true` in your TypeScript configuration file (usually `tsconfig.json`)
//tsconfig.json
{
  "compilerOptions": {
    "lib": ["esnext"],
    "experimentalDecorators": true,
+   "esModuleInterop": true,  //追加
  }
}

src/appsscript.jsonのtimeZoneを”Asia/Tokyo”に修正

//src/appsscript.json
{
- "timeZone": "America/New_York",
+ "timeZone": "Asia/Tokyo",
  ...
}

npm testでテスト実行できるようにする

//package.json
{
  ....
+ "scripts": {
+   "test": "jest"
+ }
}

テストを書く📊

GmailMessageのモックを作る

テストできるように、インターフェースGmailMessageを実装してモック(GmailMessageMock)を作成しました。

tests/gmail-message-mock.ts

import GmailMessage = GoogleAppsScript.Gmail.GmailMessage;

export class GmailMessageMock implements GmailMessage {
    constructor(
        private body: string,
    ) {
    }

    getBody(): string {
        return this.body;
    }
    ...
}

tests/_utils.test.ts

import { Utils } from "../src/_utils";
import { GmailMessageMock } from "./gmail-message-mock";

describe('Utils.createBodyMessage', () => {
    test('[body]xxxを生成できること', () => {
        const inputGmailMessage = new GmailMessageMock('テストメッセージです');

        const util = new Utils();
        const actual = util.createBodyMessage(inputGmailMessage);
        expect(actual).toBe('[body]テストメッセージです');
    })
})

src/_utils.ts

export class Utils {
    public createBodyMessage(gmailMessage: GoogleAppsScript.Gmail.GmailMessage): string {
        return "[body]" + gmailMessage.getBody();
    }
}

ついに、テストできるようになりましたー🎉🎉🎉

$ npm test

> test
> jest

 PASS  tests/_utils.test.ts
  Utils.createBodyMessage
    ✓ [body]xxxxを生成できること (2 ms)

Test Suites: 1 passed, 1 total
Tests:       1 passed, 1 total
Snapshots:   0 total
Time:        2.657 s
Ran all test suites.

メモ📝

– GASではimportができないので、読み込み順序をいい感じにするために先に読み込まれる必要があるファイルについては_hoge.tsのようにアンダーバーから始まるファイル名にしました🚨
– clasp pushされるとcode.ts→code.gsに変換されます。

参考にした記事🙇

https://developers.google.com/apps-script/guides/clasp
– https://kotamat.com/post/gas-testing/

最後に

詳細が気になる方は、https://github.com/kin29/line-notify-from-gmailにコミット履歴があるので参考にしてみてください。

(最初yarn使ってたのですが、npmだけでいけそうなので最後にyarn.lockを消したりしてます)

 

symfony/pantherでスクレイピングしてみた(Twitterのエゴサ結果をスクショする)

 

PHPカンファレンス沖縄2022でたつきちさんの発表を見て、

symfony/pantherでスクレイピングしたくなったので使ってみしました!
超簡単でした!!!SymfonyアプリでなくプレーンなPHPでも使えるの良いです🙆

準備

$ composer req symfony/panther
$ composer require --dev dbrekelmans/bdi

Twitterで「kin29.info」を検索し、結果をスクショしてみる(エゴサ)

twitterSearch.php

<?php
use Symfony\Component\Panther\Client;

require __DIR__.'/vendor/autoload.php';

$client = Client::createFirefoxClient();

//Twitterで「kin29.info」を検索
$client->request('GET', 'https://twitter.com/search?q=kin29.info&src=typed_query&f=live');

//読み込みがかかるので、必要なElementができるまで待つようにする
$client->waitForVisibility('section > div[aria-label="タイムライン: タイムラインを検索"]');

//スクショをとる
$client->takeScreenshot('screen.png');

echo 'done';

無事にスクショが撮れましたー🎉
ただ、スクショのサイズが小さいのでフルスクリーンでしたかったですが、やり方がわからず😭

GASでよく使うけど忘れる系のチートシート

GASでよく使うけど忘れるコードを備忘録として残しておきます📝

  • 指定セルの中身を取得
  • 指定列(縦)のすべての中身を取得
  • 最後の行を取得
  • 最後の列を取得
//指定セル(シート1のA1)の中身を取得
let value = SpreadSheetObj.getSheetByName('シート1').getRange('A1').getValue();

//指定列(シート1のB列)のすべての中身を取得
let values = SpreadSheetObj.getSheetByName('シート1').getRange("B:B").getValues();

//(シート1の)最後の行を取得
let lastRow = SpreadSheetObj.getSheetByName('シート1').getLastRow();

//(シート1の)最後の列を取得
let lastCol = SpreadSheetObj.getSheetByName('シート1').getLastColumn();

 

公式リファレンス:
https://developers.google.com/apps-script/reference/spreadsheet/

GitHubのgit://形式のURLは暗号化されていないのでサポートされなくなったらしい。

 

何かの手違いでローカルPCでbrew servicesが使えなくなった。(それ以外のbrewコマンドは使える状態)

原因は、git clone https://... が失敗するためだったぽい。https://でなくgit@github.com: <user-name>/<repository>.gitをURLに指定するとできた🎉🙌

そもそもgit clone https://できないのがよくなさそう😅

error文にもある通りhttps://github.blog/2021-09-01-improving-git-protocol-security-github/をみると、git://は暗号化されていないのでサポートされなくなったらしい。

$ brew services --help
==> Tapping homebrew/services
Cloning into '/usr/local/Homebrew/Library/Taps/homebrew/homebrew-services'...
fatal: remote error:
The unauthenticated git protocol on port 9418 is no longer supported.
Please see https://github.blog/2021-09-01-improving-git-protocol-security-github/ for more information.
Error: Failure while executing; `git clone https://github.com/Homebrew/homebrew-services /usr/local/Homebrew/Library/Taps/homebrew/homebrew-services --origin=origin --template=` exited with 128.
Error: Failure while executing; `/usr/local/bin/brew tap homebrew/services` exited with 1.


# homebrew-services がない!!!
$ ll /usr/local/Homebrew/Library/Taps/homebrew
total 0
drwxr-xr-x 5 kin29 admin 160 4 29 17:25 .
drwxr-xr-x 5 kin29 admin 160 4 22 16:56 ..
drwxr-xr-x 17 kin29 admin 544 2 16 12:43 homebrew-cask
drwxr-xr-x 17 kin29 admin 544 2 16 12:43 homebrew-core
 


# git clone https://..だと失敗したので git@github.comを使うようにした。
$ git clone git@github.com:Homebrew/homebrew-services.git /usr/local/Homebrew/Library/Taps/homebrew/homebrew-services --origin=origin --template=
Cloning into '/usr/local/Homebrew/Library/Taps/homebrew/homebrew-services'...
remote: Enumerating objects: 1985, done.
remote: Counting objects: 100% (494/494), done.
remote: Compressing objects: 100% (162/162), done.
remote: Total 1985 (delta 338), reused 434 (delta 324), pack-reused 1491
Receiving objects: 100% (1985/1985), 545.80 KiB | 751.00 KiB/s, done.
Resolving deltas: 100% (893/893), done.
 

$ ll /usr/local/Homebrew/Library/Taps/homebrew
total 0
drwxr-xr-x 5 kin29 admin 160 4 29 17:25 .
drwxr-xr-x 5 kin29 admin 160 4 22 16:56 ..
drwxr-xr-x 17 kin29 admin 544 2 16 12:43 homebrew-cask
drwxr-xr-x 17 kin29 admin 544 2 16 12:43 homebrew-core
drwxr-xr-x 13 kin29 admin 416 4 29 17:25 homebrew-services //入った!

# 使えるようになったーーー!!!
$ brew services --help
Usage: brew services [subcommand]

Manage background services with macOS' launchctl(1) daemon manager.

If sudo is passed, operate on /Library/LaunchDaemons (started at boot).
Otherwise, operate on ~/Library/LaunchAgents (started at login).

Jest + TypeScript でテストできるようにする

 

 

TypeScriptのテストといえばJestなのかな?と思って導入してみました!
JavaScriptのみの場合は簡単だったんですが、TypeScriptの時はちょっと手こずったので残します😇

Jestとは❓

https://jestjs.io/docs/getting-started

導入手順📲

1️⃣ Jestをinstallする(JavaScriptテスト実行はここまででok👌)

$ npm install --save-dev jest
$ vi package.json //npm testでテスト実行できるようにする
{
  "devDependencies": {
    "jest": "^27.5.1"
- }
+ },
+ "scripts": {
+   "test": "jest"
+ }
}

$ npm test //JSのテスト実行できた〜🙌🙌🙌

> test
> jest

 PASS  ./sum.test.js
  ✓ adds 1 + 2 to equal 3 (2 ms)

Test Suites: 1 passed, 1 total
Tests:       1 passed, 1 total
Snapshots:   0 total
Time:        0.48 s
Ran all test suites.

2️⃣ TypeSciptでもJestでテスト実行できるようにする

TypeScriptだと以下のエラーが出たので調整する

$ npm test

> test
> jest

 FAIL  ./ts-sum.test.ts
  ● Test suite failed to run

    Jest encountered an unexpected token

    Jest failed to parse a file. This happens e.g. when your code or its dependencies use non-standard JavaScript syntax, or when Jest is not configured to support such syntax.

    Out of the box Jest supports Babel, which will be used to transform your files into valid JS based on your Babel configuration.

    By default "node_modules" folder is ignored by transformers.

    Here's what you can do:
     • If you are trying to use ECMAScript Modules, see https://jestjs.io/docs/ecmascript-modules for how to enable it.
     • If you are trying to use TypeScript, see https://jestjs.io/docs/getting-started#using-typescript
     • To have some of your "node_modules" files transformed, you can specify a custom "transformIgnorePatterns" in your config.
     • If you need a custom transformation specify a "transform" option in your config.
     • If you simply want to mock your non-JS modules (e.g. binary assets) you can stub them out with the "moduleNameMapper" config option.

    You'll find more details and examples of these config options in the docs:
    https://jestjs.io/docs/configuration
    For information about custom transformations, see:
    https://jestjs.io/docs/code-transformation

    Details:

    /Users/kin29/jest-test/ts-sum.test.ts:1
    ({"Object.":function(module,exports,require,__dirname,__filename,jest){import { TsSum } from "./ts-sum";
                                                                                      ^^^^^^

    SyntaxError: Cannot use import statement outside a module

      at Runtime.createScriptFromCode (node_modules/jest-runtime/build/index.js:1728:14)

 PASS  ./sum.test.js

Test Suites: 1 failed, 1 passed, 2 total
Tests:       1 passed, 1 total
Snapshots:   0 total
Time:        1.04 s
Ran all test suites.

tscコマンドをinstallする

//tscコマンドをinstall
$ npm i typescript -g
$ tsc --version
Version 4.6.2

//tsconfig.jsonを作成
$ tsc -init

Created a new tsconfig.json with:                                                                                       
                                                                                                                     TS 
  target: es2016
  module: commonjs
  strict: true
  esModuleInterop: true
  skipLibCheck: true
  forceConsistentCasingInFileNames: true


You can learn more at https://aka.ms/tsconfig.json
$ npm install --save-dev ts-jest @types/jest typescript
$ jest --init //jest.config.tsを作成

The following questions will help Jest to create a suitable configuration for your project

✔ Would you like to use Typescript for the configuration file? … yes
✔ Choose the test environment that will be used for testing › node
✔ Do you want Jest to add coverage reports? … no
✔ Which provider should be used to instrument code for coverage? › v8
✔ Automatically clear mock calls, instances and results before every test? … no

📝  Configuration file created at /Users/kin29/jest-test/jest.config.ts

$ vi jest.config.ts
- // transform: {}
+ transform: {
+   '.*\\.(ts)$' : '/node_modules/ts-jest',
+ },

TypeScriptでもテスト実行できるようになった〜🎉🎉🎉

$ npm test

> test
> jest

 PASS  ./sum.test.js
 PASS  ./ts-sum.test.ts

Test Suites: 2 passed, 2 total
Tests:       2 passed, 2 total
Snapshots:   0 total
Time:        1.741 s
Ran all test suites.

さいごに

GASでテスト書きたいのでちょっと触ってみました!
次回はGAS+Jestでテスト書いた記事かければいいなーっと思っています💡

追記:書きましたー!!!

GASのテスト(Jest)を書く!!!

【超小ネタ】GitHubでよく使う検索方法

🗂ファイル名を指定して検索したい時

filename:file_name
ex.) filename:composer.json

 

🍙言語を指定して検索したい時

language:LANGUAGE
ex.) language:php

 

🔎ざっくりいろんな検索をしたいとき

https://grep.app/search

↑のサイトは、外部ライブラリを使っていて具体的な使い方を知りたくて他の人どうやって使ってるんだろ🤔って思った時によく使っています。

GitHubの検索より使いやすくて、目的のものを見つけれる気がします。

 

 

 

GASのconsole.logとLogger.logの違いって何だ?

 

GoogleAppScript(GAS)のconsole.logとLogger.logの違いを検証します!

エディターから実行した時

→ 特に違いは分かりませんでした 🤔

 

トリガーで実行した時

→ Cloud のログを見るとログレベルに違いがありました

console.log→デバック(DEBUG)、Logger.log→情報(INFO)

 

リファレンスで比較

▷Class Logger

https://developers.google.com/apps-script/reference/base/logger#log(Object)

Logger.getLog()で今までのログを取得できる!!!(clearもできる)

(ログレベルはINFO)

 

▷Class console

https://developers.google.com/apps-script/reference/base/console

ログレベルを使い分けれる!!!(日本語なのチョットキモイ)
– 🔴ERROR(エラー)     : console.error()
– 🟠WARNING(警告)  : console.warn()
– INFO(情報)                : console.info()
– DEBUG(情報)            : console.log()

console.info()とconsole.log()は違いがわからない🤔

 

 

【超小ネタ】CircleCIへのssh接続にハマった

 

GitHubのCIにCircleCIを使っていて、途中でjobが失敗した時CIの中身見たくてsshで接続したくなりますよね💡
例えば、「ディレクトリ配置うまくいってるかなー」「このパッケージちゃんとインストールされてるかな」とか… 🤔

その時、わたしがハマったポイントとしては、、、

\ ssh接続に使うid_rsaはGitHubのもの /

ということでした!

 

1.Rerun Job with SSHする

 

2. 出力されたIPにssh接続する 👈ここでハマった

↑に表記されている通り$ ssh -p 64535 [IP]とするとpermission deniedになってしまい、ssh接続できずハマっていました。

$ ssh -p 64536 [IP]
The authenticity of host '[IP]:64536 ([IP]:64536)' can't be established.
ED25519 key fingerprint is SHA256:xxxxx.
This key is not known by any other names
Are you sure you want to continue connecting (yes/no/[fingerprint])? yes
Warning: Permanently added '[IP]:64536' (ED25519) to the list of known hosts.
user@[IP]: Permission denied (publickey).

 

私のローカルでは、GitHubのid_rsaを~/.ssh/id_rsa_githubに置いてます。
そのため-i ~/.ssh/id_rsa_githubで指定してあげるのが正解でした😇

ssh -i ~/.ssh/id_rsa_github -p [発行されたport] [発行されたip]

 

Use the same SSH public key that you use for your VCS-provider (e.g., GitHub).
と親切に説明してくれてるのを、素直に受け止めればこんなことにはならなかったでしょう…

 

普段Symfony書いているPHPerがLaravel入門してみた

 

お久しぶりです!年末年始にゆる〜くLaravelを触ってみました。
普段はSymfonyを書いているので、比較してみました。

間違っていることや補足コメントくれると嬉しいです!!

https://github.com/kin29/example-laravel-app

migrationファイル

  • Laravel: SQLではない。
  • Symfony: SQL。

コマンド

  • Laravel: php artisan ~
  • Symfony: php bin/console ~
    個人的にartisanっていう単語がなかなか覚えられない🤯

ルーティング

  • Laravel: routes/以下にルーティング定義をする。これによりControllerを作成しなくともルーティング設定ができる。

ref: https://readouble.com/laravel/8.x/ja/routing.html

  • Symfony: Controllerに直接ルーティング定義ができる。yamlによるルーティング定義もできる。

ref: https://symfony.com/doc/current/routing.html

PHPStormのコード補完

フォームリクエスト

  • Laravel: FormRequestを作る(Illuminate\Foundation\Http\FormRequestをextends)
$ php artisan make:request StorePostRequest

実際のdiff: https://github.com/kin29/example-laravel-app/commit/b50df00ccd299284c9207be38c03ebe7ac38914e

  • Symfony: FormTypeを作る(Symfony\Component\Form\AbstractTypeをextends)
$ bin/console make:form

データと移入

  • Laravel: seederというアプリケーション実行に必要なデータを投入できる。factoryでも大量のデータ投入ができる
$ php artisan make:seeder UserSeeder
$ php artisan make:factory PostFactory

ORM

  • Laravel: Eloquentモデル(Eloquent ORM)
$ php artisan make:model Flight //model作成
  • Symfony: Entity(Doctrine ORM)
$ bin/console make:entity //Entity作成