複数チケットサービス検索用ライブラリを作って、はじめてのpackagist登録

どうもー!
5月なのに暑いですね、そして梅雨こないですねー
宮崎にも来る気配なしです。

 

今日も音楽フェスに行くのですが、
皆さん、チケットを取る際にどのチケット販売サービスを使っていますか?
どういう基準で選んでますか?
ポイントだったり会員ランクなどてしょうか。

 

入手困難なバンドなんかだと、
私の経験でよくあるのがA,Bというサービスではsold outにもかかわらず、
Cでは残りわずかで残っていたりするのです。
ありがたく即購入するんですが、
この事実に辿りつくまで、
サービスAで検索→sold outを確認
→サービスBで検索→sold outを確認
→サービスCで検索→残りわずかを確認
→嬉し恥ずかし焦る気持ちを抑える
→無事ゲット!!!(ゴール)

ゴールに行くまで3サイトも順番に回るのです。
順番や早さによっては、
先に早く見ておけば取れたかもしれないチケットを
失ってしまうのです。
そんな自分の経験から、複数サービス
(現在チケットぴあ、eplus、ローチケ)を
一括検索できるライブラリを作りました!
スクレイピングを使ってるので、
リニューアルとかされると困りますw

Github→kin29/ticket-hunter

 

Packagistにも登録済みですので、

$ composer require kin29/ticket-hunter

からも取得可能でございます。

 

今回、Packagistへの登録を初めてしました!

こちらを参考にさせてもらいました。

https://qiita.com/niikunihiro/items/fbd696e506e734782d8f

6. GithubのサービスフックにPackagistを登録する

は、自動になったのか勝手に登録された気がしました。

 

 

使い方は、簡単です!

  • 使いたい販売サービス名(TicketPia/Eplus/LawsonTicketのどれか、複数指定可)
  • キーワード(「雨のパレード」など)

を渡すだけです。

<?php

try {
  $ticketVendors = new Kin29\TicketHunter\TicketHunter(['TicketPia', 'Eplus', 'LawsonTicket'], '雨のパレード');
  $ticketVendors->echoJson($ticketVendors->getList());
} catch (\Exception $e) {
    die($e->getMessage());
}

出力結果はこんな感じです。

{
  "TicketPia": [
    {
      "title": "GRAPEVINE/雨のパレード〔愛知〕",
      "date_time": "2019/8/2(金)",
      "pref_id": "23",
      "pref_name": "愛知県",
      "stage": "名古屋クラブクアトロ",
      "sale_method": "先行抽選",
      "sale_status": "近日抽選受付2019/6/8(土) 10:00 ~ 2019/6/10(月) 18:00",
      "link": "http://ticket.pia.jp/pia/ticketInformation.do?eventCd=1922500&rlsCd=&lotRlsCd=27947"
    },
    ...
  ],
  "Eplus": [
    {...省略...},
  ],
  "LawsonTicket": [
    {...省略...},
  ]
}

販売前の場合、販売開始日を取得できるといいな
と今気づきました、issueに入れておこう!
日付のフォーマットも入れてないな、、、入れよう。
アウトプットしてると気づくことて多いですよね、大切。

 

このライブラリを作っていた矢先、先を越されたかのように、
Freaxがリリースれました、、便利ですね。

内容が被っていますが、ライブラリはなさそうなので作り続けました^^;

 

今後は、このライブラリを使ってAPIを作りたいなとおもっています。
BearSundayでまた作りたいなあと思っております。
さらに、検索フォームをSymfonyで作ろうかと思っています。

 

怠けないように宣言しておきます!

では、森道市場2019行ってきます!

 

 

InterfaceとAbstractを使ってみる

「インターフェース」ってよく聞きますが、あんまりわかってないです。
というか全くわかりません、「インターフェース」って言いたいだけです。

PHP conference Kansai2018で
インターフェース再入門」というセッションがあり、
そこから気になりだしたので探ってみます。
会社で、PHP conference Kansai2018共有LTしたので、
もうちょい深いところつつけたらなと思います。

ちなみに過去に私が書いたPHP conference Kansai2018の記事はこちら

PHPカンファレンス関西へ初参戦!

インターフェースとは…

何か目的を果たすための手段となるもの。
中身を知らなくても使う側は使うことができる。

例えば…

ECサイト(「ブーメラン」を売っているお店とする)で考えると

  • 使い手 = 買い手
  • 目的 = 「ブーメラン」をクレジットカードで購入したい
  • 手段 = 決済モジュールのクレジットカード決済

→ この時のインターフェースは「決済モジュール」になります!

例えば…(パート2)

  • 使い手 = わたし
  • 目的 = 青い空の下で音楽を聞きながら、お酒飲みたい!
  • 手段 = フェスに行く

→ この時のインターフェースは「フェス」になります!

↑をPHPで書いてみます!
〜InterfaceとAbstract使って〜

実際に書いてたらabstractとの違いがわかんなくなってきたので、両方使ってみます。

参考:
https://havelog.ayumusato.com/develop/php/e166-php-interface-abstract.html

\  Github – kin29/fes  /

  • GoodFesInterface.php             ←Interface。
  • AbstractFes.php                        ←Abstract。(WildBunchFesの継承クラス)
  • WildBunchFes.php                  ← AbstractFesを継承し、GoodFesInterfaceを使用
  • Watashi.php                              ←わたし(使い手)

◎ 前提

「青い空の下で音楽を聞きながら、お酒飲みたい!」という、
わたしの願いを叶えるための良いフェスの必須条件を
GoodFesInterface.php」  にこめています。

さらに、わたしが今年の夏に楽しんだフェス
「WildBunchFes(通称WBF)」 「CircleFukuoka」 「まつり宮崎」 「AoshimaBeachParkFes」。
これら4つに共通するもの、
「音楽」 「酒」 「晴れ」 「野外」 「フェスの名前」 「思い出」を
AbstractFesクラス」 に詰め込んで各Fesで継承しています。

 

GoodFesInterface.php [Interface]

<?php

namespace Fes;

interface GoodFesInterface
{
    public function isMusic();

    public function isDrink();

    public function isSunny();

    public function isOutdoor();
}

 

AbstractFes.php [Abstract class]

<?php

namespace Fes;

abstract class AbstractFes
{
    public $fes_name;
    public $music;
    public $drink;
    public $place;
    public $weather;
    public $memory;

    public function __construct()
    {
        $this->place = '野外';
        $this->weather = '快晴';
        $this->memory = 'フェス最高 ^ω^';
    }

    /**
     * @return string
     */
    public function getFesName()
    {
        return $this->fes_name;
    }

    /**
     * @return bool
     */
    public function isMusic()
    {
        return isset($this->music);
    }

    /**
     * @return bool
     */
    public function isDrink()
    {
        return isset($this->drink);
    }

    /**
     * @return bool
     */
    public function isOutdoor()
    {
        return ($this->place === '野外');
    }

    /**
     * @return bool
     */
    public function isSunny()
    {
        return ($this->weather === '快晴');
    }

    /**
     * @return string
     */
    public function getMemory()
    {
        return $this->memory;
    }
}

 

WildBunchFes.php

<?php

namespace Fes;

class WildBunchFes extends AbstractFes implements GoodFesInterface
{
    public $fes_name;
    public $music;
    public $drink;
    public $memory;

    public function __construct()
    {
        parent::__construct();
        $this->fes_name = '「ワイルドバンチ」';
        $this->music = 'ヤバT/サカナクション/スカパラ/10-FEET/フォーリミ/teto/ハルカミライ...etc';
        $this->drink = 'ビール、ビール';
        $this->memory = 'しかし、2日目は台風直撃で中止になりました。';
    }
}

 

Watashi.php

<?php

namespace Bootstrap;
require dirname(__DIR__) . '/vendor/autoload.php';

use Fes\WildBunchFes;
...


class Wahatashi
{
    public $wbf;
    ...

    public function __construct()
    {
        $this->wbf = new WildBunchFes();
        ...
    }

    public function done()
    {
        $arrRet = array();
        $arrRet[get_class($this->wbf)] = $this->doneList($this->wbf);
        ...

        var_dump($arrRet);
    }

    public function doneList($class)
    {
        $arrRet = array();
        foreach ($this->arrDoList as $item){
            $arrRet[$item] = $class->{$item}();
        }
        return $arrRet;
    }
}

$i_am = new Wahatashi();
$i_am->done();

Watashi.phpは、
WildBunchFesクラスを通して、GoodFesInterfaceを使って(手段)として、
目的を果たしています。ですよね?w

 

まだまだ私の理解が乏しく、間違っている部分もあるかと思います。
そして、「こんなソースいつ使うんだ?」って感じですが、
自分の好きなものでソースを書くってなかなか面白かったです。

みなさんもぜひしてみてください! \(^^)/