stripe決済をフレームワーク使わずに組み込んでみる!(PHP)

こんにちは!
過去に簡単決済「stripe」を導入してみる。を紹介しました。
今更気づいたんですが、べつにLaravel使う必要なかったなって(笑)
ただ、使いたかったんだと思います!ww

そこで!
PHPのフレームワークを使わないパターンで
もっとシンプルに組み込みたいと思います。

完成は、こちらです。
[ kin29/stripe_practice_php ]
↑だと、.envの設定だけで
ビルドインサーバ立てたら、もうできちゃいます。

 

さあ、つくろう。

リファレンス

stripe API
Card Payments Quickstart
ほぼ、↑のクイックスタートをやってます。

環境

– Mac
– PHP7.2.7

準備

stripeアカウント発行、テスト環境申請(申請後すぐできました)
↑これだけ!

手順

1.プロジェクト(作業ディレクトリ)の作成

~$ mkdir stripe_practice_php/

 

2.stripe/stripe-phpの導入 ←composer経由

$ cd stripe_practice_php/
$ composer require stripe/stripe-php
You are running composer with xdebug enabled. This has a major impact on runtime performance. See https://getcomposer.org/xdebug
Using version ^6.20 for stripe/stripe-php
./composer.json has been created
Loading composer repositories with package information
Updating dependencies (including require-dev)
  - Installing stripe/stripe-php (v6.20.0)
    Downloading: 100%
Writing lock file
Generating autoload files

$ ls
composer.json composer.lock vendor

 

3.カード情報入力フォームをつくる。

$ cd stripe_practice_php/
$ vi index.php
...
<div class="content">  
  <div class="title">stripe DE おかいもの</div>
  <div>¥100</div>
    <form action="./payment.php" method="POST">
    <script
       src="https://checkout.stripe.com/checkout.js"
       class="stripe-button"
       data-key="{pk_test_XXXXXXXXXXXXXXXXXXX}"
       data-amount="{商品の値段}"
       data-name="{カード入力モーダルのタイトル}"
       data-description="{カード入力モーダルのタイトル下の説明文}"
       data-image="https://stripe.com/img/documentation/checkout/marketplace.png"
       data-locale="auto"
       data-currency="jpy">
    </script>
  </form>
</div>
...

 

 

4.バックエンドをつくる。

$ cd stripe_practice_php/
$ vi payment.php
<?php
require __DIR__.'/vendor/autoload.php';

\Stripe\Stripe::setApiKey("{sk_test_XXXXXX}"); 

$token = $_POST['stripeToken']; //ここでAPIにリクエストしてる
   
$charge = \Stripe\Charge::create([
    'amount' => 100,
    'currency' => 'jpy',  //usd(ドル)→jpy(円)に変更しました。
    'description' => 'Example charge',
    'source' => $token,
]);
    
//thanks.phpにリダイレクトさせる。
header("Location: ./thanks.php");

 

5.サンクスページをつくる。

$ cd stripe_practice_php/
$ vi thanks.php
...

<div class="content">
   <div class="title">「stripe DE おかいもの」<br>ご利用TEGEありがとうございました。</div>
   <div>利用金額:¥100</div>
  </form>
</div>

...

 

6.完成! →実際に動かしてみる「http://localhost:8080/index.php

$ cd stripe_practice_php/
$ php -S localhost:8080   //ビルドインサーバを立てる

※テスト用のカード番号の参考はこちら
https://stripe.com/docs/testing#cards

 

7.管理画面をみてみる。 →実際にみせちゃう
https://dashboard.stripe.com/test/dashboard

 

‘currency’ => jpy

に変更することにより、
円請求ができますが、管理画面ではドルに換算されていました。

 

まとめ

・簡単!早い!わかりやすい!

・ドキュメントは英語ですが、読みやすく充実してます。

・リンク型なので、面倒なトークン化(カード情報非保持)対応の必要なし!

・次は、PHP以外の言語でもしてみたいです!

達人に学ぶSQL〜CASE式〜

 
おはようございます!愛知に行ってきます!
ちびまる子ちゃんランドに行くのがたのしみです。
 

この本のサブタイトルが通り、
「初心者で終わりたくない」ので読んでます。
中級者向けですね、わたしにはちょいムズです^^;
ただ、読み込めばいけそうな気がしてます!

 

今回は、その本の最初の節である「CASE式のススメ」を自分なりにまとめます。

CASE式の種類

– 単純CASE式
– 検索CASE式
「単純CASE式」で書ける =「検索CASE式」でも書ける

-- 単純CASE式
CASE  sex
  WHEN 1 THEN '男'
  WHEN 2 THEN '女'
ELSE 'その他' END

上の単純CASE式を検索CASE式で書くと、以下になります。

-- 検索CASE式
CASE
  WHEN sex = 1 THEN '男'
  WHEN sex = 2 THEN '女'
ELSE 'その他' END

CASE式の注意点

– CASE式の評価は真になるWHEN句が見つかった時点で打ち切られる。
よって、下位のWHEN句は無視される。

– 各分岐が返すデータの型は統一させる

– 「END」を忘れないようにする。→エラーはでる。

– 「ELSE X」は省略することができる。その場合は、「ELSE NULL」になる。
明示的に「ELSE X」は書くようにした方がいい!

– 「CASE文」ではない。「CASE式」

SELECT と GROUP BY で 同じCASE式を使う

→SELECT句の「AS {別名}」をGROUP BYで流用することができる。

※PostgrSQL,  MySQLで使用可

こんなテーブル(pop_tbl)があったとして、

# SELECT * FROM pop_tbl;
 pref_name | population 
-----------+------------
 徳島      |        100
 香川      |        200
 愛媛      |        150
 高知      |        200
 福岡      |        300
 佐賀      |        100
 長崎      |        200
 東京      |        400
 群馬      |         60

[結果] ←こうしたい

 region | sum 
--------+-----
 その他 | 660
 四国   | 650
 九州   | 400

別名を流用せずに書くと、こんな感じで長いです。

SELECT
  (CASE pref_name
    WHEN '徳島' THEN '四国'
    WHEN '香川' THEN '四国'
    WHEN '愛媛' THEN '四国'
    WHEN '高知' THEN '四国'
    WHEN '佐賀' THEN '九州'
    WHEN '福岡' THEN '九州'
  ELSE 'その他' END) AS region
  ,SUM(population)
FROM pop_tbl
GROUP BY  
  (CASE pref_name
    WHEN '徳島' THEN '四国'
    WHEN '香川' THEN '四国'
    WHEN '愛媛' THEN '四国'
    WHEN '高知' THEN '四国'
    WHEN '佐賀' THEN '九州'
    WHEN '福岡' THEN '九州'
  ELSE 'その他' END);

上記のような長いSQLを以下のように短くすることができます。

SELECT
  (CASE pref_name
    WHEN '徳島' THEN '四国'
    WHEN '香川' THEN '四国'
    WHEN '愛媛' THEN '四国'
    WHEN '高知' THEN '四国'
    WHEN '佐賀' THEN '九州'
    WHEN '福岡' THEN '九州'
  ELSE 'その他' END) AS region
  ,SUM(population)
FROM pop_tbl
GROUP BY region;

 

クロス形式で表にする

こんなテーブル(manju_tbl)があったとして、

# SELECT * FROM manju_tbl;
  name  | anco_id | count 
--------+---------+-------
 太郎   |       1 |    10
 太郎   |       2 |    10
 二郎   |       1 |    10
 二郎   |       2 |     0
 小次郎 |       1 |    14
 小次郎 |       2 |     8

※anco_id = 1→「黒あん」、anco_id = 2→「白あん」のイメージです。

[結果] ←こうしたい。
各人がkuroan_count/shiroroan_countを何回ずつ食べたのか1行でみれるようにしたい。

  name  | kuroan_count | shiroroan_count 
--------+--------------+-----------------
 二郎   |           10 |               0
 小次郎 |           14 |               8
 太郎   |           10 |              10

こんな感じです。
nameごとに1行にしたいので、GROUP BY nameを忘れない!
SUMで合計するので、ELSE 0にしにしたほうが読みやすいです。

SELECT
  name
  ,SUM(CASE WHEN anco_id = 1 THEN count ELSE 0 END) AS kuroan_count
  ,SUM(CASE WHEN anco_id = 2 THEN count ELSE 0 END) AS shiroroan_count
FROM manju_tbl
GROUP BY name;

 

CHECK制約でCASE式を使う

CONSTRAINT {制約名}  CHECK ({制約内容})

とし、制約に名前がつけれます。
これにより、エラー発生時に制約名が表示されるので、
どこで引っかかったのかわかりやすくなります。
CREATE TABLEやALTER TABLEで使えます。

 

今回の例では、
「女性社員の給与は20万円以下である」
という制約をみたすためのテーブル作成時のSQLです。
※この制約のポイントは男性社員に関しては、給与の制約がないことです。

CREATE TABLE Salaries(
  name VARCHAR(50),
  sex SMALLINT,
  salary INT CONSTRAINT Salaries_salary_check CHECK (
    CASE WHEN sex = 2
         THEN CASE WHEN salary <= 200000
                   THEN 1 ELSE 0 END
    ELSE 1 END = 1
  )
);
--すでにテーブル Salariesがあり、カラムsexとカラムsalaryがある前提
ALTER TABLE Salaries ADD CONSTRAINT
  Salaries_salary_check CHECK (
    CASE WHEN sex = 2 
         THEN CASE WHEN salary <= 200000
                   THEN 1 ELSE 0 END
    ELSE 1 END = 1
 );

 

データ挿入時に、制約が走ります。

-- 以下3つの INSERT文は 正常に追加されます。
INSERT INTO salaries VALUES('太郎', 1, 220000);  
INSERT INTO salaries VALUES('二郎', 1, 190000);
INSERT INTO salaries VALUES('花子', 2, 200000);
-- 制約に違反すると
-- 以下のSQL エラー と表示されます。
-- ERROR:  new row for relation "salaries" violates check constraint "salaries_salary_check"

INSERT INTO salaries VALUES('卑弥呼', 2, 220000);

 

 

制約名は省略もできます。

・制約名を省略したパターン

CREATE TABLE Salaries2(
  name VARCHAR(50),
  sex SMALLINT,
  salary INT CHECK (
    CASE WHEN sex = 2
         THEN CASE WHEN salary <= 200000
                   THEN 1 ELSE 0 END
    ELSE 1 END = 1
  )
);
--すでにテーブル Salaries2があり、カラムsexとカラムsalaryがある前提 
ALTER TABLE Salaries4 ADD CHECK (
 CASE WHEN sex = 2 
      THEN CASE WHEN salary <= 200000
                THEN 1 ELSE 0 END
 ELSE 1 END = 1
);

・エラーの場合の表記

-- ERROR: new row for relation "salaries2" violates check constraint "salaries2_check"

制約名を省略した場合のエラー時の制約名は、

制約名(デフォルト): {テーブル名}_check

ってなってますね。

 

PostgreSQL 9.4.5文書 では、以下のように書いてますね。詳細わかりませんね。

(この方法で制約名を指定しない場合は、システムにより名前が付けられます。)

 

まとめ

CASE式は、実行時に評価されて1つの値に定まるので、

列名や定数がかける部分であれば、どこにでもかけます!

今回例を出した以外の、UPDATE文や集約関数のなかでもCASE式は使うことができてとても便利です。

curlコマンドのメモ

APIを取得したくて、
curlコマンドをよく使いますが、忘れるので備忘録として書きます。

Curlコマンド

– ■GET

curl -X GET https://example.com/?mode=show

curlコマンドは、
オプション  -X  でHTTPメソッドの指定ができます。
デフォルト(指定なし)はGETらしい。

 

– ■POST

curl -X POST -d "mode=insert" https://example.com/

オプション -d でフォームの送信(-dもしくは–data)をします。

 

– ■PUT

curl -X PUT -d "mode=delete&id=1" https://example.com/

最後に。。。

オプション -v
で詳細をログ出力(-vもしくは–verbose)できます。

curl -v -X POST -d "mode=insert&said=time is money&who=unknown" "https://example.com/"

Ubuntu環境構築してみる。

どうも!わたしはlinuxばかり触ってきた身なもので、
今回はubuntuを触ってみます!
わたしの妄想では、この2つにあんまり違いはないんでないかなって思ってました。
構築しただけだと、その認識のままです。
触りこんでくと違うんですかね。

<使うもの>
・Mac
・Vagrant
・VirtualBox

<構築環境>
・ubuntu
・Apache
・ホストOSとの共有ディレクトリ → ubuntu_share/
・(おまけ)pythonをデフォルトで3の方にする。

ubuntu環境構築

ubuntu環境との共有フォルダーをホスト側に作成

$ mkdir ubuntu_share

 

ubuntu環境用のディレクトリ作成、そのディレクトリ内に移動

$ mkdir ubuntu_dev
$ cd ubuntu_dev

 

ubuntu-18.04をいれて、立ち上げて、SSHで入ってみる。

$ vagrant init bento/ubuntu-18.04
$ ll  //Vagrantfileができてることを確認。
$ vagrant up
$ vagrant ssh
vagrant@vagrant:~$ exit //一旦出る。

 

設定ファイルVagrantfileよりIP・共有ディレクトリを設定し、

再起動後、SSHで入ってみる。

$ vi Vagrantfile

Vagrantfile

...
  # Create a private network, which allows host-only access to the machine
  # using a specific IP.
config.vm.network "private_network", ip: "192.168.33.10"   //コメントアウト(#)を外す
....
  # Share an additional folder to the guest VM. The first argument is
  # the path on the host to the actual folder. The second argument is
  # the path on the guest to mount the folder. And the optional third
  # argument is a set of non-required options.
# config.vm.synced_folder "../data", "/vagrant_data"
config.vm.synced_folder "../ubuntu_share", "/home/vagrant/ubuntu_share"
...
$ vagrant reload
$ vagrant ssh
vagrant@vagrant:~$ ll  

ubuntu_share/があることを確認し、

テストファイルを作って、ホスト側にもあったら\(^^)/よし

 

Apache導入(サーバ)

/var/www/html/がルートになるはず。
Vagrantfileにて ip: “192.168.33.10”としてるので、
http://192.168.33.10でアクセスできるようになります。

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install apache2
$ sudo /etc/init.d/apache2 start

 

pythonをデフォでPython3の方にする

元から Python 3.6.5/Python 2.7 は入ってます。 デフォルトをPython 3の方にする。

$ python -V
Python 2.7.15rc1
$ python3 -V
Python 3.6.5

 

デフォルトでは pip がインストールされてないので、インストールする。
pip とは…
The Python Package Index に公開されているPythonパッケージ・ライブラリのインストールなどが行える
らしい。

$ pip install {入れたいパッケージ名}
$ sudo apt install python3-pip python3-dev
$ sudo apt install python-pip python-dev

 

pyenvインストール

$ git clone https://github.com/yyuu/pyenv.git ~/.pyenv
## 環境変数の設定とか(上手く行くことを確認したら、~/.bash_profileなどに書いておく。)
$ export PYENV_ROOT=$HOME/.pyenv
$ export PATH=$PYENV_ROOT/bin:$PATH
$ eval "$(pyenv init -)"
$ source ~/.bashrc
$ pyenv --version
# 使えるもの一覧を表示する
$ pyenv install --list
# インストールしてみる
$ pyenv install -v 3.6.6
# デフォルトに設定する。
$ pyenv global 3.6.6
 
python -V
-> 3.6.6

 

ついでに、よく使うやついれておく

$ sudo apt-get install git gcc make openssl libssl-dev libbz2-dev libreadline-dev libsqlite3-dev
$ sudo apt-get install python3-tk tk-dev python-tk libfreetype6-dev

 

こんな感じでできました。
pythonも使ったことないので、
自分的疑問で、なんでpythonとpython3があるんだよ、統一させちゃいかんの?
ややこしんだよっって思ってます。。
なにか理由はあるんでしょうね、きっと。

Laravel環境構築してみる!

話題のこの本、
「PHPフレームワーク Laravel Webアプリケーション開発」読んでます!
まだ読み途中ですが・・・。
今回は最初の「環境構築」部分を自分なりにまとめたこと描きます。

Github

環境構築のパターン

  1. VagrantでLaravel環境構築
  2. DockerでLaravel環境構築

二つとも、Macでやります!

1. VagrantでLaravel環境構築

■事前準備
・VirtualBoxのインスートル
・Vagrantのインスートル

■構築する環境
・ドキュメントルート … /home/vagrant/code/testapp/public
・laravelプロジェクトdir … /home/vagrant/code/testapp
・共有dir … /home/vagrant/code = /home/(ユーザdir)/code

■手順

$ cd  /*(user_dir)に移動する*/

$ vagrant box add laravel/homestead

$ git clone git@github.com:laravel/homestead.git Homestead

$ cd Homestead/

# 初期化
$ sh ./init.sh

# ゲストOSの設定ファイル調整
$ vi Homestead.yaml  /* ip、sites、authorize、keyの設定 */

# hosts設定 「192.168.10.10 homestead.test」
$ vi /etc/host  /* Homestead.yamlに合わせてip設定する */

$ cd /*(user_dir)に移動する*/

# ゲストOSとホストOSの共有dir先を作成 
# /home/vagrant/code = /home/(ユーザdir)/code
$ mkdir code/

$ cd Homestead/

# 調整し直したHomestead.yamlの設定でvagrantで環境を立てる 
$ vagrant up

# sshでゲストOSに入る
$ vagrant ssh

# ここからゲストOSにいる
$ cd code/

$ composer create-project laravel/laravel testapp --prefer-dist "5.5.*"

http://homestead.test/
にアクセスするとlaravelのページにアクセスできることを確認!完成\(^^)/

■つまったところ
・何回も作りなお直してたら、もうあるってめちゃ言われました。(以下参照)

The box you're attempting to add already exists. Remove it before
adding it again or add it with the `--force` flag.

Name: laravel/homestead
Provider: virtualbox
Version: 6.3.0

そんなときの対処方法
・その壱

$ vagrant global-status /* 動いてるやつの確認 */
$ vagrant global-status --prune /* 何も出てこない時はこっち */
$ vagrant destroy homestead-7 /* 「homestead-7」を指定してdestroy */

・その弐

$ cd ~/.vagrant.d/boxes/
$ ll
$ rm -rf {target}

2. DockerでLaravel環境構築

■事前準備
・Dockerのインスートール

■構築する環境
・ドキュメントルート … /var/www/public
・laravelプロジェクトdir … /var/www/
・共有dir … /var/www = /home/(ユーザdir)/laravel_docker/testapp

■手順

$ cd

$ mkdir laravel_docker

$ cd laravel_docker

$ git clone https://github.com/laradock/laradock.git

$ cd laradock

$ cp env-example .env

# コンテナ起動(初期化)
$ docker-compose up -d nginx mysql workspace phpmyadmin

# 起動中のコンテナ一覧の確認。各コンテナが起動(up)していることを確認
$ docker-compose ps

# ゲストOSに入る
$ docker-compose exec --user=laradock workspace bash

# testappという名前でlaravelをいれる。
$ composer create-project laravel/laravel testapp --prefer-dist "5.5.*" 

# ゲストOSからでる。
$ exit

# laradock/.envの調整。「APP_CODE_PATH_HOST=../testapp」に書き換える
# /var/www = (user_dir)/laravel_docker/testapp にさせるために!
$ vi .env

# コンテナ一旦シャットダウン
$ docker-compose stop
 
# コンテナ起動。再起動により.envが反映されます。
$ docker-compose up -d nginx mysql

http://localhostでアクセスすると、
laravelのデフォ画面がでるはずです!完成^^

この本ですが
内容はとても親切丁寧なので読みやすいです!
ADRの話なども書いてあって、私には難しいですが頑張れそうです!
もっと読んだらまた記事書きまうす。

htmlやjsのreset()は、ある意味リセットではない!

この前、酔って携帯を無くし、必死こいて探しましたが見つかりませんでした。
そしたらなんと、自宅の冷凍庫に冷凍保存してました。

どうも、こんなPONKOTSUです。(反省します)

 

今回は久しぶりにフロントエンドについてかきます。

htmlのinput[type=“reset”]は
初期値があれば、その初期値にリセットされる。

※jquery,jsのreset()も同様。

フォームなんかで、
選択済みのチェックボックスや入力済みの入力値を
\ 一括でリセットできるボタンがほしい /
って時があると思います。

そんなとき、こんなコード書くと思います。
(input[type=”reset”]というのがあるのをこの時知りました。)
htmlだったら…

  <input type="reset" value="リセットボタン">

jsだったら…

<button id="js_reset">jsのreset()</button>
<script>
 var js_rese_btn = document.getElementById('js_reset');

 js_rese_btn.addEventListener("click", function(){
   document.form.reset()
 }, false); 
</script>

 

これで、リセットはできるんです。
ただ、私の想定と違う時がありました。

それは、、、
リセット対象のformにvalueやselected,checkedなどの
初期値を設定している時です。
→値が「空」になるわけではなく、設定した初期値になる

 

デモはこちら。
https://jsfiddle.net/ocq0auwn/12/

 

ソースは感じ

<form action="#" name="form1">
  <!-- 「キン肉太郎」と入力して、リセットボタンを押すと、「山田孝之」になる。--> 名前:
  <input class="input_text_name" type="text" value="山田孝之" >
  飲んだお酒:
  <select class="select_sake">
    <option value="">選択してください</option>
    <option value="1">ビール</option>
    <option value="2">ハイボール</option>
    <option selected="selected" value="3">飫肥杉</option>
    <option value="4">もえしゃん</option>
    <option value="5">カプモーニ</option>
  </select>
  <input class="check_sake" checked="checked" type="checkbox" >お酒はほどほどにします。
  <input type="reset" value="htmlのリセット">

  <button class="jquery_reset">jQueryのreset()</button>
  <button id="js_reset">jsのreset()</button>
  <button class="jquery_reset_perfect">完全リセットしたい時に押すボタン(jQuery)</button>

jsはこんな感じ

/* JS */
var js_rese_btn = document.getElementById('js_reset');
js_rese_btn.addEventListener("click", function(){
  document.form1.reset()
}, false);

/* jQuery */
$('.jquery_reset').on('click', function(){
  $('form').get(0).reset();
  //document.form1.reset(); //jsだとこれ
}); 

//完全リセット
$('.jquery_reset_perfect').on('click', function(){
  $('.select_sake').find('option:selected').prop('selected', false);
  $('.input_text_name').val('');
  $('.check_sake').prop('checked', false);
}); 

家守綺譚~iemori kitan~

「家守綺譚」
(著)梨木香歩

この本は、家の近くのカレーをやってるお店に一人で行った時に店員さんがおすすめしてくれました。
その方は、見た目はR-指定っぽい感じで、
最近読書にハマってるとお話したら、
その方も本を読むと聞いて、外見に反していてびっくりしました。(失礼な話ですみません、。)
一人だったので、お話してくれて嬉しかったです。
またあのお店いってカレー食べたいです。

その方曰く、ゆうれいみたいな話だけど、怖くはないっと言っていて、すごく気になったので、
BOOK OFFに探しにいったらあったので、即買いして読みました。

各章が、「サルスベリ」や
「ドクダミ」だったりで全て植物の名前で、
農学部の私には惹かれるものがありました。

※ネタバレ 注意※

主人公は、作家の走りだてで衣食住も結構ギリギリの人。
ある日、学生時代にボート事故で亡くなった友人の実家を、
その友人両親が家を開けるので、家を守ってほしいと言われ、
タダで譲りうけて住む感じになった。

家には、湖の絵が書いてある掛け軸があって、その湖の絵から時々に友人が現れる。
最初は、少しビビっていたが、毎回のことで、主人公もなれていく。
(これが、ゆうれいっぽいのかと私は察しました)
友人と主人公の会話も普通の日常会話すぎてほんわかする。

犬のゴローを飼うことになり、ゴローがいい感じにいろいろ助けてくれたりもする。
ゴローは、カッパとカップルになって、山を守ったりと超才子。

摩訶不思議だけど、違和感なく読めるし、おもしろい。
言葉は昔っぽいけど、まだ読みやすくて、古文嫌いなわたしでも読めた!

この本はちっさくて、超薄くて荷物にならないので、持ち運びも便利。
また旅行とか移動中とかに読みたい。

簡単決済「stripe」を導入してみる。

 

どうも、
先週、#JP_Stripes in 宮崎 キックオフに行ってきました!

Stripe自体は聞いたことはありましたが、
使い方やできることは全く知らなかったので、
事例など交え、とてもいい話を聞くことができました。

もくじ

stirpeのいいところ

– 初期費用不要
– 申請は契約書いらず、ペーパレス。申請〜導入までが速い!
– Apple Pay / Google Pay / 他通貨決済も導入可
– cloud (AWS) →Saasだから保守が楽
APIリファレンスがある!PHP,Ruby,Node,Go,Python対応
– クレジットカード情報「非保持化」及び「PCI DSS(準拠)」してる
↑リンク型みたいな感じの認識です。

申請は、ほぼどんなものでも通るものの、
途中で止められることもあるとのこと。
物として実在するか形に残るもののほうがいいらしいです。

stripeのいろんな機能

– sigma …sqlでデータの検索ができる
– rader …機械学習を使って怪しい人を見つけてくれる。自分でカスタムパターンもいれることができる。
– billing…定期購入に対応。

stripeの導入をやってみる!

参考:
Stripe API Reference

<導入環境>
– PHP 5.6.30
– Laravel 5.2

PHP5.6.4以上だったら、Laravel5.4いけたんですが、、、
ローカルを更新するの諦めました^^;

localは非sslでもおkです!
テスト環境のアカウントは申請直後にできました。

Githubにソース置いてます。
[ kin29/stripe_practice_laravel ]
↑ここには、ほぼcomposer installだけでできるもの置いてます。

以下では、
どうやって最初作ったか、忘れないように、
Laravel/stripeの構築の仕方memoっときます。

 

1.プロジェクト作成

$ composer create-project laravel/laravel stripe_practice_laravel --prefer-dist "5.2.*"

–prefer-distなので、指定なしのデフォルトのgit clone でなく
zipで取ってくる(git clone より高速です)

 

2.stripe/stripe-phpの導入

// $composer require [package name]:[version]
$ composer require stripe/stripe-php:^6.17

 

3.フロント系いらんので消しました。

(package.json/gulpfile.jsとか)

 

4.envの調整
DBとか使わないので、stripeのAPIキーを環境変数として追記のみ

.env

STRIPE_PUBLIC_KEY=test
STRIPE_SECRET_KEY=test

 

5.カード情報入力フォームをつくる。
resources/views/welcome.blade.phpにthanksへのformを追記
参考:Card Payments Quickstart

 

6.バックエンドをつくる
app/Http/route.phpに以下を追記

Route::post('/thanks', function () {

    \Stripe\Stripe::setApiKey(getenv('STRIPE_SECRET_KEY'));

    try {
        $charge = \Stripe\Charge::create(array(
            "amount" => 100,
            "currency" => "jpy",
            "source" => $_POST['stripeToken'],
            "description" => "100yen pay"
        ));
    } catch(\Stripe\Error\Card $e) {

    }

    return view('thanks');
});

 

7.動かしてみる。→エラー調整

この時点でだいたい動きましたが、POSTすると以下のエラーが出てきました。

 

TokenMismatchException in VerifyCsrfToken.php line 67:

app/Http/Middleware/VerifyCsrfToken.php

に以下を追記することで、
CSRF保護の対象外にすることができます。
ただし、クロス・サイト・リクエスト・フォージェリ(CSRF)保護の対象外となりますので、吟味することも大事だと思います!

    /**
     * The URIs that should be excluded from CSRF verification.
     *
     * @var array
     */
    protected $except = [
        'thanks' //追記
    ];

 

クロス・サイト・リクエスト・フォージェリ(CSRF)
… 脆弱性を利用して、悪意のある攻撃をすることだそうで、
信頼できるユーザーになり代わり、認められていないコマンドを実行するとのこと。

Laravelでは、セッションごとにCSRF「トークン」を自動的に生成していて、
リクエスト時に、このトークンを送信して、認証済みのユーザーかを確認するために利用しているとのこと。

なので、HTMLフォームを定義する場合はいつでも、隠しCSRFトークンフィールドをフォームに埋め込んで、
CSRF保護でのチェックできるようにしなければならないとのこと。

 

 

8.動かしてみる。(完成)
カード決済できたー!

Stripeの管理画面にも、疎通確認できました!

 

stripeとっても簡単!

ログもあるし、デバックしやすかったです!

composer の–prefer-distってよく使うけど何してる?

composer コマンドって実際何してるのかわからずやっちゃってます。
そろそろ向き合おうと思ってます。

参考:
http://blog.tojiru.net/article/440339824.html

 

例えば、これ!

$ composer create-project laravel/laravel app_dir

このコマンドなんしてるんだっけ?

git clone git@github.com:laravel/laravel.git
mv laravel app_dir//多分。
cd app_dir
composer install

 

 

では、–prefer-dist がつくとどうでしょうか
例えば、これ!

$ composer create-project laravel/laravel app_dir --prefer-dist

調べてみると、
–prefer-dist の他に –prefer-source というオプションもあります。

–prefer-source
… git cloneでソースを落としてくる。
デフォルト(指定なしではこっちしてる)
つまり、最初のコマンドはこっちなんです!

–prefer-dist
.. zipでダウンロードする。こっちのほうが高速!

 

なので、

$ composer create-project laravel/laravel app_dir --prefer-dist

上記コマンドは、以下をしているご様子。

wget https://github.com/laravel/laravel/archive/master.zip
unzip laravel
mv laravel app_dir //多分。
cd app_dir
composer install

composerのコマンドってもっとオプションがあるので、
随時ちゃんと解明しようと思います。

Travis CIで自動テスト(PHPUnit)をしてもらう。〜 入門編〜

やっと、テストコード…PHPUnitの使い方をわかってきた今日この頃です。
さらに、テストは自分でもやりますが、コミットしたら勝手にテストしてくれるCIがいると、頼れるうって思います。


↑これを(「passing」になってるのを)README.mdに貼りたかっただけなんですけどね!!

ということで
PHPUnit と Travis CI
の使い方を書きたいと思います。(自己流)

https://github.com/kin29/ci-test ←ここにソース置いています。

PHPUnit

テストコードにそって、テストしてくれるツール。

Travis CI

テスト/ビルド環境を作ってくれるツール。
ただし、環境を用意してくれるだけなのでビルド/テスト内容は「.travis.yml」に記述しなければならない。
CIツールの代表的なものである、Jenkinsさんはテストのための環境構築が必要となるが、その手間が省ける。(=>SaaS)

実践!GithubでコミットしたらTravisCIに自動でテスト(PHPUnit)をしてもらう。

PHPUnitの準備

$ mkdir ci-test 
$ cd ci-test/

composer.json をつくる。composer initだと対話式でできます。
依存関係も適切に設定してくれるので、自分で生にcomposer.json書くより安全な気がします。
今回でいうとPHPとPHPunitのバージョン関係もここでいい感じにしてくれました。

$ composer init
                                            
  Welcome to the Composer config generator  
                                          

This command will guide you through creating your composer.json config.

Package name (/) [kin29/ci-test]:
Description []: it is ci-test.
Author [kin29 <kin29.com@gmail.com>, n to skip]: 
Minimum Stability []: 
Package Type []: 
License []: MIT

Define your dependencies.

Would you like to define your dependencies (require) interactively [yes]? 
Search for a package: php
Enter the version constraint to require (or leave blank to use the latest version): >=7.0.0
Search for a package: 
Would you like to define your dev dependencies (require-dev) interactively [yes]? 
Search for a package: phpunit/phpunit
Enter the version constraint to require (or leave blank to use the latest version): 
Using version ^7.3 for phpunit/phpunit
Search for a package: 

{
    "name": "kin29/ci-test",
    "description": "it is ci-test.",
    "require": {
        "php": ">=7.0.0"
    },
    "require-dev": {
        "phpunit/phpunit": "^7.3"
    },
    "license": "MIT",
    "authors": [
        {
            "name": "kin29",
            "email": "kin29.com@gmail.com"
        }
    ]
}

Do you confirm generation [yes]? 
Would you like the vendor directory added to your .gitignore [yes]? 

$ ls
composer.json   //できた!!autoloadとかはあとで追加する。
$ composer install
$ ls
composer.json   composer.lock   vendor
$ vi composer.json  //autoload追加
//以下を追記
  "autoload": {
      "psr-4": {
            "App\\": "src/"
        }
  },
  "autoload-dev": {
      "psr-4": {
            "Test\\": "tests/"
      }
  }
$ composer update   //autoloadを適用させる
//実装とテストを書く。構成こんな感じ
$ tree src/ tests/ bootstrap.php
src/
└── Kin29.php
tests/
└── Kin29Test.php
bootstrap.php 

0 directories, 2 files
//phpunit.xmlを作る。
$ vi phpunit.xml

<phpunit bootstrap="./bootstrap.php">
    <testsuites>
        <testsuite name="Ci Test">
            <file>tests/Kin29Test.php</file>
        </testsuite>
    </testsuites>
</phpunit>
//テスト実行→成功!
//これを、コミットした時、自動でテスト実行してもらうようにする(→CIの役目)
$ phpunit tests/
PHPUnit 7.2.4 by Sebastian Bergmann and contributors.

.                                                                   1 / 1 (100%)

Time: 296 ms, Memory: 10.00MB

OK (1 test, 1 assertion)

Travis CIの準備

$ vi .travis.yml //ビルド・テストの設定ファイルを作成
language: php
php:
 - 7.1
 - 7.2

before_script:
 - composer install

script:
 - phpunit tests/
$ git add .
$ git commit -m 'travis-ci,phpunit追加'
$ git push origin master

ビルド・テスト開始!!!

Githubのリポジトリにコミットすると、ビルド・テストが始まります。
↑trigger word設定で変更可能です。

「passing」になれば、テスト合格です!
「failed」になってもコンソールのログが見れるので、原因を突き止めやすいです!
PHPとPHPUnitのバージョンがあってないって、何回も言われました。
CIが自分では知らないことも気づいてくれて教えてくれて助かります。