LSP(The Liskov Substitution Principle)- SOLID

LSP(The Liskov Substitution Principle)リスコフの置換原則
– 派生クラスは、その基底クラスと置換可能でなくてはならない。

 

参考:ここ

 

リスコフさんが提唱した、置換原則です。

置換するもの:親クラスと子クラス

この2つが置き換えることができなければならない。

 

よく、子クラスに親クラスをオーバーライドするのですが、

その時、親クラスの意図する動きをしなければならないということ。

 

LSP ありきの ODP

子クラスと親クラスが置き換え可能でないと、

そのクラスに依存するクラスの変更時、

子クラスor親クラスからの来たのかの条件文が必要となり、

変更が大変、浪費がかかる。

=拡張にしにくく、修正が多い

ODP(オープン・クローズドの原則)に反している。

 

 

 

投稿者:

kin29man

農学部卒の4年目エンジニアです👩‍💻 PHPとGASが好きです!最近はラズパイにはまっています🍇

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です