DIP(The Dependency Inversion Principle)依存性反転の原則- SOLID

DIP(The Dependency Inversion Principle)依存性反転の原則

– 抽象に依存すべき。具象クラスに依存してはいけない。

 

HeadFirstデザインパターンの説明が分かりやすかったです。

↑では様々な種類のPizza(NYCheesePizza,NYClamPizza…)を作るPizzaStoreを例に出しています🍕🍕🍕

 

[Before]なにも考えず実装する🙄

PizzaStoreは具象クラスであるNYCheesePizzaやNYClamPizzaに依存しています。

高水準なクラス PizzaStoreから低水準なクラスNYCheesePizzaに依存する形となり、依存の方向は上から下(矢印)になっています。

 

デメリット🙅‍♂️

PizzaStoreは4つの具象クラス依存しており、Pizzaの種類が増えるとさらに依存する具象クラスが増え、コードの修正も必要となってしまいます。

 

 

[After]DIPに沿った実装をする🤔

抽象クラスPizzaを追加しました。

PizzaStoreは抽象クラスPizzaを作成し、抽象クラスPizzaに依存するようになります。

また、具象クラスだったNYCheesePizzaやNYClamPizzaは抽象クラスPizzaを実装するようになり、抽象クラスPizzaに依存するようになりました。

これにより、原則通りにPizzaStoreもNYCheesePizzaやNYClamPizzaもすべて抽象に依存するようになりました!!!

さらに、依存の方向を示す矢印も上から下だったものが「反転」して、下から上への依存となりました💡

 

メリット🙆‍♂️

PizzaStoreは具体的なPizzaの種類を知らなくていい(抽象Pizzaクラスしか知らない)ので、新しい具象Pizzaクラスが作成されても修正は少なくなります。

 

 

まとめ

この原則に従った設計を考える時には、高水準コンポーネントではなく低水準コンポーネントから抽象化できないかを考えていくといい気がしました。

 

また、この原則に従うための指針として

  • 具象クラスへの参照を保持する変数を持たない
  • 具象クラスからクラスを継承しない
  • ベースクラスの実装済みメソッドをオーバーライドしない

というのも大事だなと改めて感じました。

 

\ 改めて、この本おすすめです🍺/

 

投稿者:

kin29man

農学部卒の4年目エンジニアです👩‍💻 PHPとGASが好きです!最近はラズパイにはまっています🍇

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です