プリズム

 

「プリズム」
(著)百田尚樹

 

久しぶりに面白い本だなと感じました!

いつもは完読するのに一週間もかかる私が、3日で読みきってしまいました。

一言で言えば、隔離性同一症(多重人格)の男の中にいる、ある一つの人格を好きになる話でした。

 

ここからネタバレなので、読むって人はすぐに離脱してください!

 

 

 

 

 

 

ある人格というか、別の人なので、病気が治ると「その人はいなくなってしまうかもしれない」という気持ちとか、けど病気治ってほしいとかの葛藤もあって、多重人格に出会ったことないですが妙にリアル感があって、続きが気になって引き込まれてました。

 

モンスター」は、対をなす小説らしくてブックオフで即買いしましたー。まだ読んでないですがwww百田さんにハマったので、「幸福な生活」を読んでますが、短編小説の最後の一行が衝撃っていうアイデアはめちゃいいなーって思いましたが、内容は各話で「お!こわっ」ってなったり「あーね!やっぱり」ってなったりで色々でした!

 

 

 

投稿者:

kin29man

農学部卒の4年目エンジニアです👩‍💻 PHPとGASが好きです!最近はラズパイにはまっています🍇

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です