Googleアナリティクスでアクセス解析をしたい〜導入編〜

 

この前、初めて友達の結婚式にいきました。感動しましたー。
最近の結婚式ってプロジェクションマッピングとかするんですね、時代の進化を感じました。

 

さて、本題です。
私は仕事で、Googleアナリティクスタグや、Googleタグマネージャーを調整して設置をすることはよくあるのですが、
Googleアナリティクスの画面(グラフとかあるやつ)を使ったことも見たこともないのです。

 

そこで!

このブログとこの前作った名言API使用例のサイトに
Googleアナリティクスタグ(正確に言うとGoogleタグマネージャ)を設置してみました!
その結果わかったこととかを書きます。

わかったこと(まとめ)

●Googleアナリティクスにある グローバル サイトタグ(gtag.js)と Google タグマネージャ(コンテナスニペット)は違う!

→Googleタグマネのが便利でプレビューとかもできて親切な感じ。
今回はタグマネ使う方法を書きます。

●Googleアナリティクスを毎朝見るのが日課になる。成長記録みたいで楽しい。見える化ってすばらしい^^

次回、分析した結果わかったこと書きます。今回は導入編!

 

導入手順

①トラッキングID取得

②Google タグマネージャタグ取得

③タグの設定

④プレビュー →  公開

⑤フィルター設定

 

①トラッキングID取得

UA-XXXXX-Xっていうやつです。←webサイトごとに振り当てられる一意のID。

Googleアナリティクス>管理>トラッキングコード から取得できます。

あとで使います。アナリティクス⇄タグマネを連携させるために使います。

②Google タグマネージャタグ取得

<script>は<head>内に、<noscript>は<body>直後にはる。GTM-XXXXがはいってるやつ。コンテナスニペットともいうらしい。

Googleタグマネージャ>管理>Google タグマネージャをインストール から取得できます。

 

③タグの設定

Googleタグマネージャ>新しいタグを追加>タグ設定 にて

トラッキングタイプ「ページビュー」とし、

Google アナリティクス設定「新しい変数」より、①でゲットしたトラッキングIDをいれて登録すると、アナリティクス⇄タグマネの連携できます!

トリガー「All Pages」とすると、サイト内のすべてのページのアクセスを追跡できます。

タグに名前をつけておくと便利です。

 

④プレビュー →  公開

③より、タグを保存すると、Googleタグマネージャのヘッダーに

ワークスペースでの変更数: 1」みたいな感じででるので、

その変更を確認したいのであれば、隣の「プレビュー」ボタンを押して、自分のサイトを見てみてください。

こんな感じで、検証ツールみたいなのが出てきてると思います。

Tags Fired On This Page が今発火してるタグです。ここに③でつくったタグがあれば大成功です!公開を押せば、公開されます。

Googleタグマネージャのプレビューモード

 

⑤フィルター設定

自分で閲覧した時に集計されては、正確な分析ができないので

IPでフィルターを設定します。

Googleアナリティクス>管理>すべてのフィルター より追加できます。

最後に…

今回のGoogleアナリティクス導入にあたって、読んだ本がこれです。

タグ設置したことあるけど、その先の分析の方法やどう役に立ってるのかがわからない技術系の私にとってはいい本でした!読みやすいです。

アサーション入門 ~自分も相手も大切にする自己表現法 (著)平木 典子

 

技術系ではない上司に勧められた本でした。

 

 

私自身、人と話すことは好きなんですが、頭が悪いのか伝えることと理解することが、苦手です・・・。

 

なので、頼みたいことがあって、

依頼内容が伝わらない→ちょいイライラ気味で一方的に話す→それでも伝わらない→あきらめて自分でやろーってなる

さらに、人の話が理解できない時、理解することが面倒になって聞き流すことも多いですww

こんな感じで、コミュニケーション怠ってます。

 

それを見かねたのかおすすめされました。

コミュニケーションの大事さはもちろんのこと、自分も相手も尊重して話すことができれば、すれ違いもストレスも減って、生きやすいなーって思いました。

 

アサーティブになるためのポイント

  1. 自分な素直な気持ちを曖昧でも言語化して伝える
  2. 相手の表現、気持ちも尊重して受け止める
  3. 状況や事実を相手と共有する
  4. 意見が対立しても、人にはそれぞれ価値観があるし、気持ちが変化することもあると受け入れる。
  5. 自分の感情、表現には責任を持つ。人のせいでない。
  6. 問題を解決する必要がある場合は提案する。どうしようもないと思わない。
  7. どうしてもだめなときはあきらめる。

 

こういう話ってすごい納得するし、当たり前な話っぽいんですが、

実践するのが難しいですよね!

とりあえず、自分に素直になって、人の話もちゃんと最後まで聞こうと思います。

 

 

自分も相手も大切にする自己表現、コミュニケーションについての本でした。

Steve Jobs Ⅰ・Ⅱ (著)ウォルター・アイザック(訳)井口耕二

スティーブ・ジョブズの生き方が

良い面も悪い面も客観的に書かれている本でした。

ジョブズは短期で口が悪い人だったともとれるし、その分素直で人間味があって常に完璧を求めた人だったんだなと感じました。

彼のクリエイティブさには憧れます、すごく。

 

Ⅰでは、生まれてすぐに養子に出され、電気屋の父親に引き取られ、エレキトロニックの世界に惹かれたきっかけが書かれていました。学生時代にはLSDや禅にはまり、ベジタリアンになった話などもありました。ウォズアニックとの出会いからのアップルの創立。ネクスト。

 

Ⅱでは、ピクサー。iPod,iPhone,iPad…iTunes…iCloud。ThinkDifferent。iCEO。リベラルアーツ。がんと戦い、妻の協力でなんとか生き抜いて大好きなAppleのために働いた最期。

 

デザイナーではないのに、形や素材、使いやすさを追求する姿勢は見習いたいと思うけど、とても真似できないです。自分の専門性にとらわれず、IT業界をはじめ音楽業界や映画業界、小売業などの多方面でクリエイティブさを発揮しています。一方、他の人のアイデアをいかにも自分のアイデアかのように言うこともあったというのがリアルでした(笑)実現不可能な事を実現させる、「現実歪曲フィールド」とかいう力はすごい能力ですが悪魔の魔法みたいで恐怖さえ感じました。

 

個人的に、ジョブズが禅の魅力に惹かれて、度々行っていたという京都の西芳寺(さいほうじ)に行きたい欲が積もりました。Googleマップで行った気になってます。苔が素敵でした。

 

登場人物が多いので、頭の中でイマイチ整理できてないです。

もう一回ちゃんと読みたいです。