主キーがあればphpPgAdminで編集できる

 

PhpPgAdminって便利ですよね。

でも、私はたまに以下のことを感じていました。

各レコードの編集/削除が出来るときと出来ないときがある。

この違いなんだ?

 

 

そこでタイミングよく、敏腕上司が教えてくれました。

 

上司「主キーがあればレコード識別ができるから、GUIで編集/削除できる」

 

私「すんごい!本当だー!しらなかったー!さすが●●さん!」

ちょっと考えると、当たり前のことだなと理解しましたwww

 

上司「ブログのネタにできるね」

 

以上、こんな会話がありました。早速ネタにします。

ありがとう●●さん。

 

 

そこで自分でいろいろ試してみました。

参考:https://www.postgresql.jp/document/9.4/html/ddl-constraints.html

 

その前に、、、

データベースは整合性を保つための整合性制約があります。

<整合性制約>

・一意性制約(ユニーク制約)

・参照制約(外部キー制約)

・非NULL制約(NOT NULL制約)

の3つがあります。

 

 

私「主キーはユニークだから一意性制約か!じゃあ、uniquであればいいのか!」

いつも通り、先走る私。

CREATE TABLE id_unique_table(
 id integer UNIQUE,
 name text
);

INSERT INTO id_unique_table
VALUES(1, test1);
INSERT INTO id_unique_table
VALUES(2, test2);
INSERT INTO id_unique_table
VALUES(3, test3);
INSERT INTO id_unique_table
VALUES(NULL, 'null');

 

一意性制約のマーク(「1」)が付いています

ユニークなテーブルの定義

ユニークでNOTNULLなテーブルのデータ

 

ん?

id=NULLのところは編集/削除できんやーん><

 

 

ってことは….NOT NULLも必要なのか!

さっきのCREATE TABLE文に非NULL制約を追加

CREATE TABLE id_not_null_unique_table(
 id integer UNIQUE NOT NULL,
 name text
);

INSERT INTO id_not_null_unique_table
VALUES(1, 'test1');
INSERT INTO id_not_null_unique_table
VALUES(2, 'test2');
INSERT INTO id_not_null_unique_table
VALUES(3, 'test3');

※INSERT INTO id_not_null_unique_table
VALUES(null, ‘null’); は非NULL制約に反するためINSERTできませんでした。

 

想定通り、非NULL制約が追加されました。

ユニークでNOTNULLなテーブルの定義

ユニークでNOTNULLなテーブルのデータ

 

 

私「なるほど。id=NULLのレコードが複数あったらレコードを識別できない。

ってことは、主キーは一意性制約非NULL制約が必要なんだ!」

 

 

つまり、

CREATE TABLE テーブル(
 id integer UNIQUE NOT NULL,
 name text
);

CREATE TABLE テーブル(
 id integer PRIMARY KEY,
 name text
);

は同じ!

 

試しに、後者を実行。

PRIMARY KEY宣言したら、勝手にNOT NULLが入ってた!

idが主キーなテーブルの定義

 

 

 

ユニークでNOT NULLじゃないと、

そりゃー誰でも識別できんですわ。

 

投稿者:

kin29man

農学部卒の4年目エンジニアです👩‍💻 レベル低いですが、よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です