一意性制約違反について

 

今、実は「基本情報技術者試験」に向け、勉強してます。

んで、ちょうどデータベース分野について調べてました。

 

 

前回と内容がかぶるんですが、

今回は一意性制約(UNIQUEキー制約)について学んだことを書きますー!

 

 

一意性制約(UNIQUEキー制約)とは、、、

  • NULL以外の各行を一意に制約する。
  • ただし、NOT NULLではないためNULLを許します。
    →NULLが複数行存在することもあります。

 

私「NULL以外を一意にするだけで、NULL許すんだー、結構ゆる〜い。」

そこで気になる記事を見つけました。

 

複合一意キーにおいてすべてのキー列に対して NULL を持つ行も同様に複数持つことが可能。

ただし、1つ以上のキー列に対して NULL を持ち、その他のキー列に対して同じ組合せの値を持つ 2つの行は制約違反となる。(※)

一意キーは 1 つの表に 複数定義してもよい。

つまり

  • 単一列における一意キー制約において NULL が存在して NULL を INSERT してもは制約に違反しない。
  • 複合列における一意キー制約において
    (NULL,NULL) ⇔ (NULL,NULL) は制約に違反しないが
    (NULL,1000) ⇔ (NULL,1000) は一意キー制約違反となる。
    (1000,NULL,NULL) ⇔ (1000,NULL,NULL) も同様に違反となる。 (※)

https://www.shift-the-oracle.com/constraint/

 

 

ん?

よくわかんないのでやってみる。(バカです、はい)

※大好きなphpPgAdminでやってます。

 

CREATE TABLE id_number_unique_key_table(
  id integer UNIQUE,
  number integer UNIQUE
);

INSERT INTO id_number_unique_key_table
VALUES(NULL, NULL);

INSERT INTO id_number_unique_key_table
VALUES(NULL, NULL);

 

うんうん、いける!

ユニークキーが複数のテーブルの定義

ユニークキーが複数のテーブルに(NULL,NULL)をINSERT

 

カラムid,number両方において、同じNULLです。

一見、ユニークじゃないのにいいの?ってなるけど、

一意性制約はNULL以外に関しての制約なのでいいのです。

 

前回の復習をすると、ユニークだけどNULL(プライマリキーではない)だから、

レコードの識別ができないため、削除/編集ができない。

 

 

 

しかし、以下の文は一意性制約違反です。

INSERT INTO id_number_unique_key_table
VALUES(NULL, 1000);

INSERT INTO id_number_unique_key_table
VALUES(NULL, 1000);

 

( ー`дー´)/ダメッ てされる。

一意性制約違反

カラムnumberにおいて、1000,1000でかぶってますもんね。

一意ではないです。

NULLでもないです。

だから怒られちゃうんです。

 

 

 

もちろんこれはできます!

INSERT INTO id_number_unique_key_table
VALUES(NULL, 1000);

INSERT INTO id_number_unique_key_table
VALUES(NULL, 2000);

カラムid.number両方とも、NULLかユニークです。

ユニークキー(一意性制約)はNULLかユニークであれば違反ではない!

どちらかが一意であれあ違反にはならない

 

 

投稿者:

kin29man

農学部卒の4年目エンジニアです👩‍💻 レベル低いですが、よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です