アサーション入門 ~自分も相手も大切にする自己表現法 (著)平木 典子

 

技術系ではない上司に勧められた本でした。

 

 

私自身、人と話すことは好きなんですが、頭が悪いのか伝えることと理解することが、苦手です・・・。

 

なので、頼みたいことがあって、

依頼内容が伝わらない→ちょいイライラ気味で一方的に話す→それでも伝わらない→あきらめて自分でやろーってなる

さらに、人の話が理解できない時、理解することが面倒になって聞き流すことも多いですww

こんな感じで、コミュニケーション怠ってます。

 

それを見かねたのかおすすめされました。

コミュニケーションの大事さはもちろんのこと、自分も相手も尊重して話すことができれば、すれ違いもストレスも減って、生きやすいなーって思いました。

 

アサーティブになるためのポイント

  1. 自分な素直な気持ちを曖昧でも言語化して伝える
  2. 相手の表現、気持ちも尊重して受け止める
  3. 状況や事実を相手と共有する
  4. 意見が対立しても、人にはそれぞれ価値観があるし、気持ちが変化することもあると受け入れる。
  5. 自分の感情、表現には責任を持つ。人のせいでない。
  6. 問題を解決する必要がある場合は提案する。どうしようもないと思わない。
  7. どうしてもだめなときはあきらめる。

 

こういう話ってすごい納得するし、当たり前な話っぽいんですが、

実践するのが難しいですよね!

とりあえず、自分に素直になって、人の話もちゃんと最後まで聞こうと思います。

 

 

自分も相手も大切にする自己表現、コミュニケーションについての本でした。

投稿者:

kin29man

農学部卒の4年目エンジニアです👩‍💻 PHPとGASが好きです!最近はラズパイにはまっています🍇

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です